アイフォーンの新OS「iOS 8」アップデートで防水になった! デマが広がりツイッターで水に浸した報告も

印刷

   アップル社のスマートフォン「iPhone」の基本ソフト(OS)のメジャーアップデートが2014年9月18日に開始されると、ツイッターなどで「iPhoneを風呂に入れてみた」などといった報告が出ることになった。

   「iPhone」は大手メーカーでは珍しく防水機能が付いておらず、水につけると壊れてしまう。それなのになぜ風呂に入れてしまったかというと、この日にアップデートが始まった新OS「iOS 8」には防水機能が付加されたという「説得力のある」デマが流れていて、本当かどうか実験する人たちが現れてしまったのだ。

「やっと風呂でビデオが見れる」「アップルスゲええええ!!」

「防水」の仕様はない(画像はイメージ)
「防水」の仕様はない(画像はイメージ)

   スマートフォン「iPhone」ユーザーにとっては防水機能が付くことが一つの大きな悲願だ。トイレなどに「水没」させてしまっても壊れることはないし、風呂の湯船などにつかりながら操作したい、といった願望がある。新機種が発表されるたびに期待が膨らむも肩を落とすといった状況が続いてきた。

   14年9月19日発売の「iPhone 6」に搭載するために開発されたのが新OS「iOS 8」で、このOSは「iPhone 5」など旧型の「iPhone」ならびに「iPad」でもアップデートできる。このそうした中、ツイッターなどで拡散された情報は、「iOS 8」に防水機能システムが付いている、というものだった。

   このデマは写真付きで、まるでアップルのパンフレットのように作られていて、

「もう水にぬれることをおそれる必要はありません。iOS 8では、全く新しい回路技術により、感知した湿度情報をもとにして、ショートする可能性のある回路の電圧を事前にピンポイントで制御」

などともっともらしいことが書かれている。ネットで多くの人はいつものデマだと相手にしなかったが、中には「やっと風呂でビデオみれるのか」「アップルスゲええええ!!」といった声も挙がっていた。

   そして9月18日午前2時に「iOS 8」のアップデートが始まると、実際に水につけて実験する人が現れた。

「デマを信じないように!」ツイッターで呼びかけが広がる

   その人物は「iPhone」を水道の蛇口から出る水に浸している写真をツイッターにアップし、

「iOS8にアップデートしたiPhone防水になってるかテストしてる」

と報告。「どうでしたか?」との問いに、

「死にましたwクッ......iPhoneの闇を見た」

と返答した。また、

「iOS 8にして防水になったからお風呂に入れたらiPhone壊れたんだけど!」
「信じてるやつなんていないと思ってたけど、職場の女の人が『iOS 8にしたら防水になるんだって!iPhoneすごいよね』とか言い始めてて今俺ポカーンってしてる」
「防水になるってマジかよiPad風呂に沈めてくる」

とつぶやいた人もいる。また、ツイッターでは「デマを信じないように!」と注意の呼びかけも起こっている。

   人気の高さからなのだろう「iPhone」にはこれまでも様々なデマがあって、iPhoneの上に乗ったら体重計になる、とか、iPhoneを水に浸すと音質が良くなる、iPhoneにはエアバッグ機能がある、iPhoneを電子レンジでチンすると充電できる、などがあるが当然壊れてしまう。そうしたデマに今回の「iOS 8」アップデートも加わったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中