「軍艦、朝鮮、ハワイ」のかけ声で遊ぶ 「軍艦じゃんけん」に突如注目が集まる

印刷

   じゃんけんから派生した一つに「軍艦じゃんけん(戦争じゃんけん)」という遊びがある。2人で向かい合って片方の手をつなぎ、独自のかけ声とともにじゃんけんをしながら勝敗を競う。

   これが今、インターネット上でにわかに注目を集めている。日本人の子供が韓国の空港で「軍艦、朝鮮、ハワイ」とのかけ声で遊ぶところを見かけた参議院議員の松田公太氏が、自身のブログで取り上げたことがきっかけだ。

松田氏「日本で『ゼロ戦、沖縄、広島!』良い気しない」

「戦争」「戦争じゃんけん」とも呼ばれる
「戦争」「戦争じゃんけん」とも呼ばれる

   松田氏は2014年9月19日、「韓国での軍艦ジャンケン」と題したブログ記事を公開した。韓国・仁川空港で見かけた日本人グループの中の子供たちが軍艦じゃんけんをしていたという。子供たちはグーを「軍艦」、チョキを「朝鮮」、パーを「ハワイ」として、大きな声でゲームに興じていたらしい。

   これについて松田氏は、

「はたして親御さんたちは意味を教えているのか不思議になりました(近くにいた年配の韓国人は明らかに軍艦や朝鮮という言葉に反応していました)。そこまで気にする必要は無いと思われるかもしれませんが、アメリカ人の子供たちが日本で『ゼロ戦、沖縄、広島!』と楽しそうに遊んでいたら良い気はしないでしょう」

と綴り、子供を放置している親の無頓着さや、子供たちに対する太平洋戦争などの教育が不十分なことなどを問題視した。

   軍艦じゃんけんのかけ声は、その名称が示すように、戦争(太平洋戦争)に関連するような言葉になっているのが特徴だ。「グー」「チョキ」「パー」というかわりにそれぞれ語呂に合わせた言葉が用意されている。

   単純にかけ声だけをじゃんけんに取り入れて遊ぶ方法もあるようだが、一般的なルールでは2人で向かい合って片方の手をつなぎ、もう片方の手でじゃんけんをする。1回目のじゃんけんで勝った方が「親」となり、「出した手、出した手、出す手」の順で手の動きに合わせた言葉を発する。

   親決め以降のじゃんけんは、同じ手(あいこ)の場合は続行。勝つと「一本取って」と言いながら「子」の繋いでいる方の手の甲を叩き(勝つと続行し、あいこで叩くルールもある)、負けると親子が逆転する。勝敗は点数先取制、または痛みに根を上げるかどうかで決める。

「懐かしい」「初めて知った」反応ばらばら

   松田氏の記事は反響を呼び、転載された「BLOGOS」内のコメント欄にも多くの意見が書き込まれたが、その反応は実にさまざまだ。

   「いやー懐かしいなぁ」「関東の平成っ子ですが、小さいころよく祖母と軍艦じゃんけんをしていたのを思い出しました」と子供時代を振り返り懐かしむ人もいれば「軍艦ジャンケン、初めて知りました」「今40代前半ですけど。聞いたこともありません(東京出身)」と全く知らないという人もいる。中には、

「今はそんなじゃんけんやらないよ。捏造だよ捏造」
「この記事の内容はとても事実とは思えない。私が子供のころですら聞いたこともなく、私の父が子供のころには、『軍艦、沈没、破裂』というじゃんけんがあったことは伝聞として聞いている程度」

などと、現代の子供たちが遊んでいることに違和感を持って松田氏の目撃情報を疑う人まで現れた。だが、インターネット上には松田氏の記事が出る前にも軍艦じゃんけんをやっている子供の目撃情報がいくつもある。どれくらいメジャーな遊びになっているかは分からないが、少なくとも戦後約70年経った今日まで脈々と伝承されていることは確かなようだ。

「グアム」「沈没」「破裂」などバリエーションがあった

   同時に、かけ声にも違いがあることが分かった。グーは「軍艦」のほかに「グアム」、チョキは「朝鮮」のほかに「沈没」「チョビス」、パーは「ハワイ」のほかに「破裂」などということもあるようだ。親決めの際のかけ声も「せんそう」「ぐんかん」などバリエーションがある。

   J-CASTニュース編集部で聞いてみると、神奈川県、兵庫県の20代、東京都の50代はいずれも「軍艦、朝鮮、ハワイ」。静岡・長野両県で過ごした40代は「軍艦・沈没・ハワイ」。福岡県の30代、徳島県の60代は「初めて聞いた」という。遊びの知名度やかけ声は年代や地域によって変わるというわけではないようで、学校単位で異なるのかもしれない。

   なお、かけ声の内容から察するに戦時中に始まった遊びとみられるが、詳細は明らかになっていないようだ。過去には国立国会図書館の「リファレンス協同データサービス」にも質問が寄せられていたが、「似たような記述の資料はあるが、その始まり、由来についてはわからなかった」という回答だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中