安藤優子も指摘した兵庫県警の捜索大失態 「なぜ、遺棄された雑木林に入らなかったのか」

印刷

   神戸市長田区の小学1年生、生田美玲さん(6)の切断遺体が見つかった雑木林は、女児の自宅から約100メートルの近さだった。

   犯人の家からは30メートル、女児が通う小学校からも近く、重点的に捜索が行われたエリアだった。兵庫県警は連日100~200人の捜査員が動員しながら、なぜ発見までの約10日間、雑木林を捜索しなかったのか疑問が残る。

元刑事からも「なぜ」と疑問の声

   女児の遺体は頭部や手足がバラバラに切断され、複数のポリ袋に分けて入れられていた。遺体の損傷が進み、すぐに行方不明の女児だと判別ができなかったほどだ。

   発見現場の雑木林は交通量の多い大通りから路地に入り、急な階段を上った場所にある。腰までの草木が生えており、地元の人も普段は立ち入らず、路地からは中の様子が分からない。

   しかし、女児が行方不明になったのは11日、県警が捜索を公表したのは翌12日だ。遺体が発見された23日まで、雑木林が捜索されなかったのは不可解だ。

   23日、遺体発見の段階で行われた会見で、県警は捜索中に「臭いに気づいて、(階段を)上って発見した」と説明。それまでは階段の下までしか捜索せず、現場を確認していなかったという。その理由については、神戸新聞によると、「17日に現場付近を捜索したが、空き家の発見を目的としたものだった」と説明している。

「なぜ、あと少し(階段を)上がらなかったのかな」

   24日放送の「モーニングバード!」(テレビ朝日系)に出演した、元神奈川県警で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんも首をひねる。自身も現場付近で取材をしていたと話し、複数の捜査員の姿を見たという。司会の羽鳥慎一さんから、県警が捜索しなかった理由を聞かれて、「私もそこが分からない。なぜ、あと少し(階段を)上がらなかったのかな」と答えた。

   また「スーパーニュース」(フジテレビ系)では、司会の安藤優子さんが「なぜ、この雑木林に入らなかったのか。疑問です」と指摘。元警視庁捜査一課理事官の大峯康広さんが「ですね。それは本当に疑問です」と答える場面があった。

   結局、ポリ袋に入っていた診察券が、現場から約20~30メートルに住む容疑者逮捕のきっかけとなった。さらに24日夕方になって、現場付近で新たに女児の遺体と見られる一部が見つかっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中