猛毒セアカゴケグモ、都内で初確認 

印刷

   東京都福祉保健局は2014年9月25日、東京都三鷹市で毒性の強いセアカゴケグモが確認されたと発表した。都内でセアカゴケグモが見つかるのは初めて。

   発表によると24日、三鷹市下連雀のマンション敷地内で住民が「自宅の庭で、セアカゴケグモの様なクモを発見した」と都に通報した。多摩府中保健所がクモを持ち帰り、環境省に同定を依頼したところセアカゴケグモと確認されたという。周辺の公園ですでに10数匹が確認されているものの、健康被害を訴える人はいないという。

   セアカゴケグモは本来オーストラリアに生息する毒グモで、1995年に大阪で初めて見つかって以降、全国の34府県で確認されている。体内に毒を持つメスの体長は1センチほど。全体的に黒みを帯びており、背中には赤い帯状の斑点がある。かまれると、場合によっては全身が痛み、頭痛、吐き気などを催す。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中