アジア大会サッカーで八百長 疑惑の国は二つに絞られた?

印刷

   韓国・仁川で行われているアジア大会の男子サッカーで、八百長の疑いが浮上した。スイスを拠点にするスポーツの不正賭博監視団体が、シンガポール紙「ザ・ニューペーパー」に告発したのだ。

   世界の強豪が顔をそろえるワールドカップ(W杯)とは異なり、アジア大会は出場国のレベルの差が大きい。優勝など望むべくもない弱小チームの場合、八百長を持ちかけられやすい環境にあると専門家は指摘する。

3分周期で失点、10分足らずで4点奪われた試合も

真剣勝負だからこそ面白い(写真はイメージ)
真剣勝負だからこそ面白い(写真はイメージ)

   監視団体によると、男子サッカー1次リーグで、終盤に連続ゴールが決まった試合が複数あったという。ここに疑惑の目が向けられた。

   「ザ・ニューペーパー」は詳細の解説を紙面に譲ったため電子版ではこれ以上読み取れないが、AFP通信が2014年9月26日、同紙を引用する形で、「賭けに参加した人たちはいくつかの試合で、終了間際の数分間に得点が入ることに確信を持っていた」という監視団体幹部の話を伝えた。掛け金の動きが異常だったことも挙げている。そのうえで「同様の手法で多くの試合が操作された。仁川にある同じブローカーの仕業だろう」と推測したという。

   具体的にどこの国がどの試合で八百長行為をはたらいたのかは語られていない。ただ、「試合終盤に立て続けにゴールが決まった試合」は複数あった。9月14日のサウジアラビア-ラオスでは、サウジが後半30分、41分、ロスタイムに得点を重ねて3-0で勝った。ラオスは9月17日のマレーシア戦でも後半31分、34分、38分と3~4分の短い周期で失点している。

   インドネシアの場合、9月15日の東ティモール戦で後半33分、37分、39分、42分と10分足らずで4得点のゴールラッシュを決めた。一方で9月22日のタイ戦は後半31分、37分、ロスタイムに点を奪われ大敗した。

   もちろんこれだけで、該当国が八百長したとは言い切れない。W杯ブラジル大会では、準決勝でドイツがブラジルに対して前半のわずか6分間に4ゴールを決めた例もある。サッカージャーナリストの石井紘人氏は、選手の疲れがピークとなる試合終盤は得点が入りやすい時間帯ではあると説明した。対戦国の間に実力差があった、試合日程の兼ね合いから先発メンバーを大幅に入れ替えたなど、さまざまな要因も考えられる。国際サッカー連盟(FIFA)の最新ランキングを見ると、大量失点したラオスは169位、東ティモールは193位で、サウジやマレーシア、インドネシアからすれば格下だ。アジア大会の場合は23歳以下の選手が主体だが、代表レベルと大きな違いはないとみられる。

勝利のこだわり薄く報酬も十分でない選手に「黒い影」が

   ただ全く八百長の温床がないかと言えば、そうでもなさそうだ。石井氏は「FIFAの主催であれば管理が厳しいので不正はまず起きないでしょう。アジア大会は管轄外なので、主催者がどこまで目を光らせているかは疑問です」と話す。大会を主催するのはアジアオリンピック評議会(OCA)。今回の八百長疑惑の告発に関して、AFP通信の取材に「アジアサッカー連盟(AFC)やFIFAと連携して、しかるべき調査を進める」とコメントしたという。

   もうひとつ石井氏が指摘するのが、レベルの低い出場国の存在だ。「日本をはじめ優勝をねらうチームは内部管理が徹底しており、外部の人や組織との不用意な接触を厳しく制限します。反対に、1勝挙げることすら難しい弱小国だと、緩みも出てくるでしょう」。勝利へのこだわりが薄く、モチベーションは高まらず、チーム管理が甘くて放任状態、選手も無名ばかりで十分な報酬を得ていないとなれば外部の第三者が近づきやすい環境となる。なかには不正賭博を持ちかける「黒い影」があるかもしれない。

   サッカーの賭けは、勝敗だけでなく点数も対象となるという。胴元から得失点の「帳尻」を合わせるよう指示が飛んで、試合終了直前にゴールラッシュ――あってはならないが、可能性がゼロではないシナリオだ。

   歴史を振り返ると、イタリア1部リーグ(セリエA)で2006年、複数のチームが不正に関与したとしてユベントスなど名門チームが下部リーグへの降格処分を下された。韓国プロサッカー「Kリーグ」でも2011年、サッカーくじを巡る八百長で選手数人が永久追放となっている。国際刑事警察機構(ICPO)は2014年9月、過去3年間でサッカーの八百長疑惑が毎年60~80か国で発覚していると発表した。今回、八百長疑惑を告発したスイスの団体の主張が仮に正しければ、いまだに暗躍する不正賭博ブローカーがアジア大会をも魔の手に染めたことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中