「見た目年齢」は髪の毛に左右される! エイジングヘアケア商品が続々登場

印刷

   エイジングケアに焦点をあてた女性向けヘアケア市場が活性化している。少子高齢化で国内市場は縮小しているものの、「団塊世代を中心に、気持ちや見かけの若い中高年者が増えており、女性の見た目にかかわる髪のケアに対する需要が高まっている」(日用品メーカー)ためだ。化粧品・日用品メーカー各社は新たなヘアケア商品を続々と市場に投入している。

   資生堂は2014年9月21日、化粧品専門店ブランド「ベネフィーク」から育毛美容液「スカルプエッセンス」を発売する。同社はこの新商品発売を機に「見た目年齢」など顔全体の印象を左右するヘアカテゴリーを強化する方針だ。

髪のエイジングケア市場は過去10年で3倍に拡大

若さの秘密は「思わず触りたくなる髪」(画像はイメージ)
若さの秘密は「思わず触りたくなる髪」(画像はイメージ)

   資生堂が実施した調査によると、50代の女性の髪を20代の女性の髪に差し替えた場合、平均的な「見た目年齢」は約5歳若く見える、との結果が出たという。髪が女性の外見の印象に与える影響は非常に大きいととらえ、同社は新商品に発毛を促す成分や独自の保湿成分を配合、オリジナルマッサージで血行を促進する美容法も同時に提案していく。

   富士フイルムも14年夏、40~50代の女性を主なターゲットとしたエイジングケア用のヘアケアブランド「アスタリフト スカルプフォーカス」を発売し、ヘアケア市場への初参入を果たした。新商品は独自のナノ化技術を用いて、加齢とともに失われがちなハリやコシ、ボリュームをケアするという。同社によると、髪のエイジングケア市場は過去10年で3倍に拡大しているといい、「髪のエイジングケアニーズが高まっていることから、開発を目指した。今後もニーズをとらえた独自性の高い商品を提供していきたい」とする。

中高年の女性向け製品は成長市場といえる

   花王も「年齢を重ねてきた大人の女性」にターゲットをあてたブランド「セグレタ」から新商品「セグレタ 地肌からの美白ケア」を9月売する。「地肌クレンジングシャンプー」など3商品を新たに売り出し、「年齢とともに髪に変化を感じ始めた女性に向け、地肌からのお手入れを提案したい」とする。

   女性の社会進出が進む中、「見た目を気にする女性は増えており、肌のケアだけでなく、髪のケアまで関心が広がる傾向が強まっている」(メーカー関係者)とされる。かつての女性と比べ、現代は50代、60代に入っても若々しい表情の女性は多くなっており、中高年の女性向け市場は成長市場ともいえる存在だ。

   そもそもシャンプーは「消費者のブランドの乗り換えが激しい分野」(メーカー関係者)とされており、優れた商品を発売できれば、新たな顧客をつかむことは比較的容易だ。各社の商品開発競争は熱を帯びている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中