「アンチ・フェイスブック」SNSの人気急上昇 成功は難しいとの見方も

印刷

   新興の交流サイト(SNS)「Ello」が、世界最大のSNS「フェイスブック」にアンチテーゼを突き付けているとして話題となっている。AFP通信が2014年9月30日に報じたところによると、Elloの人気は「フェイスブックユーザーの不満の受け皿を狙ったともみえる単純なメッセージ」と紹介。すなわち、フェイスブックのように広告は掲載せず、利用者の個人データの収集や販売もしない点が支持を集めているそうだ。利用者数を限定するため「招待制」を採用するElloだが、人気の高まりとともに「招待」の申請数が急増。また「招待」の枠がオークションサイトで高値で販売されているほどの過熱ぶりだ。

   一方で米ワイヤード日本語版は10月1日付記事で、Elloがフェイスブックに取って代わるとは思えないとしている。広告を載せない原則に関して、SNSが高速で信頼できるサービスを提供し続けるには開発や管理コストが伴い、当然ながら資金繰りを考えねばならないと指摘。Elloが掲げる理念は「非常に高いハードル」で、「これでは非現実的だし、プロジェクトは失敗に終わるだろう」と厳しい見方をしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中