西アフリカで多数の「エボラ孤児」 親族が「引き取り」拒否、路上さまよう

印刷

   世界保健機関(WHO)は2014年10月1日、エボラ出血熱の死者数が3338人、感染者が7178人に達したと発表した(9月28日時点)。アメリカ国内で初めて感染者が確認され、感染拡大は止まる気配がない。

   猛威の余波は子どもやペットにも及んでいる。感染の恐れから、地域から見放された孤児や、捨てられたペットが急増しているという。

親を亡くした子供が3700人以上

エボラ出血熱で両親を失ったという孤児。手には自身の回復証明証(提供:(公財)日本ユニセフ協会)
エボラ出血熱で両親を失ったという孤児。手には自身の回復証明証(提供:(公財)日本ユニセフ協会)

   ユニセフは9月30日、感染が拡大するギニア、リベリア、シエラレオネの3か国で、両親またはそのどちらかを失った子どもは、少なくとも3700人に達すると発表した。

   親を失った子どもたちの多くは、感染を恐れる親族から引き取りを拒否され、孤児となるケースが増えているという。地域コミュニティーの中で感染源や災難、トラブルと見なされ、適切なケアを受けることができず、路上をさまよっていることもある。こうした子どもの約20%が2歳未満だとユニセフは報告している。

   3か国を訪問した、ユニセフの西部・中部アフリカ地域事務所代表のマニュエル・フォンテーンさんは「多くの子どもたちは、自身が望まれない存在となってしまった、さらに見捨てられたと感じています」という。これらの地域では親が亡くなった孤児は親族が引き取ることが一般的だったそうだが、「エボラ感染を恐れるあまり、その恐怖心が家族の絆よりも強くなっている地域も存在しています」と指摘する。

   ユニセフは子どもたちの心身のケアやエボラからの回復者への支援を進めており、より一層の援助を国際社会に求めている。

飼い主が捨てたペットも増えている

   見捨てられたのは子どもたちだけではない。AFP通信によると、ギニアやリベリアと国境を接するコートジボワールで、ペットを捨てる人が増えているという。

   同国ではサルから大型のネコ科動物まで、野生動物をペットにする習慣がある。しかし、エボラウイルスを媒介することを恐れた飼い主が捨てたり、動物園に寄付したりすることが相次いでいるという。

   エボラウイルスの自然界から人間への感染経路はいまだ明らかになっていないが、感染源としてコウモリが有力視されている。また、サルとの接触から感染したケースもある。今回の感染拡大において、ペットや野生動物がウイルスの媒介となっている可能性は否定できない。

   同国内の、ある動物園ではスペース不足のため、受け入れを拒否するまでの事態になっている。ギニアやリベリアとの国境を封鎖していることもあり、感染者はまだ確認されていないが、もし発見された場合は「間違いなくパニックが起きる。人々はペットを捨てるだろう」と同園の園長は見ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中