御嶽山噴火で「保険金支払い」決める 生命保険協会

印刷

   生命保険協会は、加盟する全42社が御嶽山噴火の被災者に対して保険金・給付金を全額支払うことを、2014年10月3日に明らかにした。一般的に、災害関係特約には約款上に、噴火や地震などによる災害関係保険金・給付金を削減したり支払わなかったりする「免責条項」が盛り込まれているが、各社とも今回はこれを適用しない。

   免責条項は、2011年3月に発生した東日本大震災のときも適用しなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中