佐世保高1女子生徒殺害 容疑者少女の父親が自殺か

印刷

   2014年7月に長崎県佐世保市で同級生の高1女子生徒を殺害した疑いで逮捕された少女(16)の父親(53)が、10月5日16時10分ごろ市内の自宅で首をつって亡くなっている状態で発見された。県警は自殺とみて調べを進めている。

   各紙によると、自宅を訪れた知人女性が発見し、通報。遺書は見つかっていないという。

   容疑者の少女は殺人事件前の今年3月に金属バットで父親を殴り、頭部などにけがを負わせたことがあった。現在は精神鑑定のため鑑定留置されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中