エボラ熱、仏の女性看護師が退院 日本の薬で治癒の可能性

印刷

   エボラ出血熱に感染したフランス人の女性看護師が、日本の製薬会社で富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」などを服用、治癒したとしてパリ近郊の病院を退院したことがわかった。仏保健省が2014年10月4日に発表した。

   エボラ出血熱の治療薬は確立しておらず、AFP通信などによると、仏保健省は未承認の薬3種類の投与を認めていた。その一つが富山化学の「アビガン」(一般名ファビピラビル)で、エボラ出血熱に効く可能性があるとされていた。治療は他の薬と併用された。

   女性看護師はリベリアで感染が発覚し、9月19日にパリ郊外の病院に搬送されていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中