巨人に黄信号「菅野離脱」の大激震 原監督「エース抜き」でどう戦う

印刷

   日本一奪還を目指す巨人が大きな不安材料を抱えている。エース菅野智之が使えなくなる可能性があるからだ。

   ペナントレース同様に原辰徳監督の苦労は続く。

総合力と「原さい配」で勝ち抜いた

まずはクライマックスシリーズを勝ち上がらねばならない
まずはクライマックスシリーズを勝ち上がらねばならない
「今シーズンはよく勝てたと思う。それこそチーム一丸、全員で勝ち取った優勝だったということで印象に残る」

   リーグ3連覇を決めた2014年9月26日、原監督はそう総括した。確かに、今年の巨人は戦力をやりくりし、総合力で勝ち抜いた。監督のさい配で勝った、といえるかもしれない。

   とりわけ打線は心もとなかった。その象徴だったのが4番打者。「日替わり4番」と揶揄されるほどだった。

   それを支え、阪神と広島の追撃を振り払ったのが投手陣の頑張りだった。なかでも菅野は首位死守の原動力といえた。2年目の今季、開幕投手を務め勝利。序盤のダッシュをもたらした。

   その菅野がシーズンのメーンイベントを前に右腕の異常を訴えた。10月2日のヤクルト戦に先発し、2イニングを投げたたけで降板。このときは「腰の異常」だったが、検査をした結果、事態は軽いものではなかった。

「右ヒジ靱帯の部分損傷」

   腰もヒジも痛んでいたことが分かった。クライマックスシリーズの登板を目指し、調整登板だったのだが、故障が発覚するという皮肉な投球となった。

勝てる投手で勝たないとシリーズ制覇難しい

   菅野は今や、セ・リーグ有数の投手と高い評価を受けている。安定感ではチーム一。杉内、内海といった実績のある投手に衰えが見えるだけに、チームがもっとも信頼しているのが菅野なのだ。

   原監督が菅野を軸に、クライマックスシリーズ、日本シリーズを見据えていた。その柱が投げられないとなると、戦い方ががらりと変わる。

   現在の巨人投手陣で計算ができるのは菅野だけといっていい。杉内、内海は後半になるとつかまることが多い。復活した沢村は調子の波が激しい。今季売り出した小山、セドンは経験不足で投げさせて見なければ分からない。

   短期決戦は相手に通用する投手を絞って戦う。ローテーション通り投げさせ、敗戦も計算しながら試合を行うのとは全く異なる。勝てる投手で勝たないとシリーズを制覇することは難しい。

「(治る)可能性を信じて、早く治して戻ってきたい」

   菅野はまさに一縷の望みにかけている。それは原監督も同じだろうが、ボールを握らずに治療するという事態を考えると、ますます苦しい。

   ただクライマックスシリーズはベンチに入らず、日本シリーズに進出したときに投げる、という可能性はあるかもしれない。ご存じの通り原監督にとって菅野は甥にあたる。シーズン中に父・貢氏を亡くしたばかり。原ファミリーが最後までクローズアップされる今季の巨人である。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中