入浴時の赤ちゃん「首浮き輪」で事故 消費者庁が注意呼びかけ

印刷

   「首浮き輪」などと呼ばれるC字形の浮輪を首にとりつけた乳幼児が入浴中におぼれる事故が相次いでいることを受け、消費者庁は2014年10月9日、使用中に保護者が目を離さないよう注意を呼びかけた。

   「首浮き輪」はC字の開口部が乳幼児の首の後ろになるよう取り付け、ベルトをはめて使用するもので、赤ちゃんだけを浴槽に入れておけることから人気を呼んでいた。だが、中の空気量が少ないと頭が抜け落ちて事故につながる危険性があり、消費者庁は2012年7月にも注意喚起していた。

   しかし、この2年間に同様の事故が6件発生。うち5人は1週間以内に退院したが、13年8月におぼれた2か月の男児は人工呼吸器をつけた植物状態が続いているという。消費者庁は、保護者は乳幼児が楽しそうに見えても一瞬でも目を離さないよう改めて注意を呼びかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中