「カープ女子」が涙にくれた日 「大失速」広島は8億円を失った

印刷

   カープ女子が悲鳴を上げた。広島が阪神とのプレーオフ(2014年10月11、12日)で敗退。それも2試合で1点も取れずに、だ。

   大詰めに来ての失速に赤い軍団のファンは脱力している。

イケメンぞろいの若手選手

   広島は今年もっとも注目を集めたチームだった。終盤まで優勝争いに絡み、最後は阪神との2位争いを演じた。

   選手が健闘する一方で話題を独占したのが女性ファン。「カープ女子」として知られ、どの球場へ行っても、スタンドはチームカラーの赤色で目立った。地元広島ではスタンドすべてが赤色で埋まった。

   2014年7月のオールスター戦ファン投票では、広島の選手が8人もファン投票で選ばれた。この現象も女性ファンの投票結果と言われている。

   広島には若くてハンサムな選手が多い。とりわけ4番を打った丸や堂林は人気が高く、雑誌にはイケメンタレントさながらの写真が載っている。あきらかにかつての広島とは違った。

   ところが、その女子たちが最後に悲鳴を上げてシーズンを終えた。広島が失速したのからである。

   ペナントレース最終戦にそれまで守り続けてきた2位の座をかけたが、巨人に敗れ3位に落ちた。2位と3位の違いは経済効果にある。2位ならばクライマックスシリーズ(CS)を地元で開催できるからで、1試合の収入は8億円を下らないという。最大3試合の収入は、臨時収入としてはかなり大きい。

10月に入ってすべてが空回り

   CS主催は阪神に移ったばかりか、結果が最悪だった。

   11日の第1戦は0-1のシャットアウト負け。メッセンジャーに完全に抑えられた。この敗戦は2位阪神にアドバンテージが与えられており、広島は敗戦はもちろん、引き分けでもシリーズ敗退となる。

   続く第2戦は珍しいほどの情けなさだった。両軍無得点のまま延長へ。規定の最終12回表、広島は点が入らなかった。この時点で試合終了、広島は巨人との第2ステージ進出は消えた。2試合で両チームが挙げた得点は阪神の1点のみで、広島は21イニングをゼロ行進で終わった。

「残念としかいえない」
「ちょっとひどすぎない?」

   カープ女子からの声も力がなかった。エース前田で巨人戦、阪神戦を落とし、ペナントレースの大詰めで野村監督が「今季限りで辞任」を表明するなど、10月に入ってすべてが空回りした格好だった。

   広島にとってカープ女子の効果は大きく、今季の観客動員は190万人を超え、前年比21.7%増の史上最多だった。これを支えたカープ女子は昨年NHKが取り上げたのをきっかけに火が付いた。

   今年5月、球団は「関東カープ女子観戦ツアー」を企画。定員150人、参加者の負担は入場券と食事代で、新幹線代は球団が負担した。球団は持ち出しとなったが、話題となり成功。他チームもソフトバンクが「タカガールズ」と銘打ってイベントを行うなど、プロ野球で女性ファンの存在が一段と大きくなった。

   球界の将来を考えると、広島は敗れたけれども「女子パワー」のすごさを残した。カープ女子の涙はまさに真珠の価値、といえる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中