フィギュア高橋大輔が引退表明 「目標はまだだが、次に進みたい」

印刷

   フィギュアスケート男子のエースとして長年日本を引っ張ってきた高橋大輔選手(28)が2014年10月14日、岡山市内で会見して現役引退を表明した。会見では、「急な決断で、目標は決まっていない。しかし、次に進みたい」などと述べた。

   高橋選手は、初出場した06年のトリノ五輪で8位に入賞し、10年のバンクーバー五輪で銅メダルを獲得した。五輪でのメダルは日本男子初の快挙だった。また、同じ年の世界選手権では優勝も果たしている。しかし、右足をケガしたまま臨んだ14年2月のソチ五輪では6位に留まり、今季は休養する意向を示していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中