AKB48の渡辺麻友にインスタ流出騒動 羽生お気に入りの「プーさん」抱きしめ舌ペロリ

印刷

   「まゆゆ」ことAKB48の渡辺麻友さん(20)がプライベートなSNSアカウント上に投稿していたとされる画像やテキストが出回り、インターネット上で騒動になっている。

   中には渡辺さんが写っている未公開画像も複数あった。本人によるアカウントから流出したものなのかは定かではないが、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手(19)に対する並々ならぬ思い入れがあることは確からしい。

「羽生提灯」の横でにっこり

グーグルプラスでは騒動について触れていない(画像は2014年10月撮影)
グーグルプラスでは騒動について触れていない(画像は2014年10月撮影)

   流出騒ぎが起きたのは2014年10月10日の夜のこと。出回っている画像は、いずれも画像共有SNS「Instagram(インスタグラム)」の画面をスクリーンショットでコピーしたもののようで、会話のやりとりのみ写したものを含め15点以上にものぼる。この中に渡辺さん本人の未公開写真が複数含まれていたことなどから、渡辺さんが知人らと交流するために使用していたプライベートアカウントから漏れたものと見られている。

   一連の画像のアカウント名部分にはモザイクが入れられており、同一人物による投稿かどうかも分からないようになっているが、渡辺さん本人が写り込んだ数枚の未公開画像だけで分かることがある。羽生選手に対する「お熱」っぷりだ。

   たとえば羽生選手が大好きな「くまのプーさん」を抱っこしている写真。渡辺さんはマスクを外して舌をペロっと出しており、コメント部分には「羽生くんぺろぺろ」と書かれていた。「羽生」の2文字が大きく書かれた提灯と写っている写真もあり、渡辺さんは両頬に手をあててチャーミングにほほ笑んでいる。

   羽生選手関連のものはこれだけではなかった。プーさんグッズ単体の写真には「のけぞり羽生くん」「ケツから突っ込まれる羽生くん」といった腐女子的な発想にもとづくコメントが添えられていた。また、本人は写っていないが「ゆづくんとランチ」として羽生選手の動画を見ながらランチを取っている写真や、「マネージャー許可降りたら羽生くんとお付き合いします」といった妄想コメントまであり、いずれも本人のものとすれば相当熱をあげているようだ。

「好感度上がった」「人間臭くて好きになったw」

   限定公開なのをいいことに楽しんでいた妄想が思わぬ形で明らかになってしまったのだとすれば、さぞ都合が悪いだろう。加えて流出とされる画像には、渡辺さんと思しき女性の変顔写真や中指を突き立てた写真、「まじいろいろいらつく」といった愚痴をこぼしているものもあった。

   ところがインターネット上では、

「普通に好感度上がったよな」「おもしろいから本物であってほしい。逆に人間臭くて好きになったw」「こんな妄想なのに、マネージャーの許可が出たらってまゆゆ根は真面目だよねぇ」

などと、こうした内容をむしろ評価する声も少なくない。

   唯一問題視されているのは、特定の後輩メンバーの「整形」について仲間うちで話していたコメント部分の画像で、「整形モンスターな事に変わりはない」「みんな若いのによーやるよねーー」「整形してこれとか辛いな」といった生々しい会話が繰り広げられていた。

   この一件について、AKBと仕事することも多い有吉弘行さんは10月12日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、流出画像が本物なのかどうかは分からないとした上で「こんなこと裏アカウントとかでやらなくても普通にカラオケボックスかどっかで男と遊んでれば良いのにな」とコメント。「ストレスの発散っぷりが暗い」と指摘し、あまり理解できなかったようだ。

   なお渡辺さんは11日にグーグルプラスを更新したが、握手会について書いたのみでインスタ騒動については触れず、14日19時時点まで更新はない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中