米シティグループ、日本など11か国で個人向け業務から撤退

印刷

   米シティグループは、収益面で苦戦している日本など11か国・地域の個人向け業務から撤退する。2014年10月14日に発表した。撤退の対象となった市場は、ペルーやパナマなど中南米6か国のほか、日本、エジプト、チェコ共和国、ハンガリー、米領グアム。これらの国・地域での過去1年間の収入は16億ドルだが、純利益は3400万ドル、利益率は0.11%にとどまっている。

   ただ、いずれの市場でも法人向け業務は継続する。日本市場については、すでに複数の邦銀とのあいだで店舗や資産の売却交渉に入っているとの情報もある。

   11か国・地域からの撤退後、シティグループが個人向け事業を展開するのは24か国となる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中