「ネットは荒れる」松本人志予想が当たる 「キングオブコント」の審査方法に非難轟轟

印刷

   コント芸日本一を決める「キングオブコント2014」のファイナルが2013年10月13日にTBS系で生放送され、お笑いコンビ「シソンヌ」が栄光を手にした。しかし今回も「審査方法が間違っている」といった批判が殺到することになった。

   この「キングオブコント」の優勝者選びについては採点に公平性が欠ける、などの批判が出て、今回から審査方法が一騎打ち形式に大幅に変更された。司会の「ダウンタウン」松本人志さん(51)が番組の冒頭で「どんな決め方をしてもネットは荒れるんですけどね」などと発言していたが、その通りになってしまった。

「チョコレートプラネット」に不利すぎる展開だ

   これまで、大会のファイナルには8組が進出し、それぞれが披露した2つのコントの採点の合計で優勝が決まった。採点は大会の準決勝で敗れた芸人100人が行った。しかし、事務所の先輩や後輩を採点するのでは公平性に欠けるのではないか、といった批判があった。

   今回は10組がファイナルに進出し、採点方式ではなくグループ対グループの一騎打ち方式になった。審査したのは準決勝で敗れた芸人101人で、2組のうちどちらが面白かったかをジャッジした。

   最も批判を浴びることになったのは一次で勝ち上がった5組から優勝者を決める方法だった。一騎打ち方式には変わりはないが、最初の対戦で勝った組がまず「暫定王者」となり、そこに残りの3組が順番に挑んで最後に勝った組が優勝という流れだった。ただし披露するコント芸は各グループ1回のみ。

   一回戦では「チョコレートプラネット」が「バンビーノ」に勝ち暫定王者となった。2回戦、3回戦も「チョコレートプラネット」が「犬の心」「ラバーガール」を打ち破った。このまま「チョコレートプラネット」が優勝と思われたが最後に登場した「シソンヌ」に敗れ「シソンヌ」の優勝が決まった。

   これが放送終了後に番組への非難が噴出する原因となった。「チョコレートプラネット」に不利すぎる展開だ、とか、一番面白くなかった「シソンヌ」がなぜ優勝できたのか、とか、

「今まで通りの採点でよかったのでは?これじゃあ順位がわからない」
「ファイナルに残れない芸人の審査なんて当てにならない」

といった感想も出た。

「100点満点の決め方はない。やってみなければ分からない」

   実は今回の審査方法について司会の松本さんも不安だったようだ。番組の冒頭で審査方法の変更が説明された際に、

「どんな決め方をしようがネットは荒れるんですけどね。100点満点の決め方はないんですよ。公平性があるのかどうか、やってみなければ分からない」

などと語っていた。最後の5組が対戦する順番が抽選で決まる際には各チームともに1番最初になることは避けたいと騒ぎ出して、「1番じゃダメですよ。4番がいいです」などと主張する芸人もいた。松本さんも一番はかわいそうだとし、「印象を強く付けた方が有利」などとアドバイスしていた。ナレーションも、

「4連続で勝つには、圧倒的なインパクトが必要!!」

などと力説していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中