居酒屋に呼び、「口は堅い方か」と聞き、「5000円で売ってくれ」 副校長の女子大生パンスト「購入」の一部始終

印刷

   小学校の副校長(57)が教育実習に来ていた女子大生を居酒屋に呼び出し、「口は堅い方か」などと聞き、女子大生が履いているパンストを「5000円で売ってくれ」と頼んだ。女子大生は断りきれずにトイレでパンストを脱ぎ副校長に渡した。

   女子大生から相談を受けた大学が2014年1月に小学校に問い合わせ、不祥事が明るみに出た。東京都教育委員会は「セクハラにあたる」とし、14年10月16日、副校長に停職6カ月の懲戒処分を言い渡し、同日付で辞職した。処分までに時間がかかったのは副校長が「老人から頼まれただけ」とセクハラを否定し続けたからだった。

「バイト代の明細を渡し忘れてしまった、取りに来るように」

どうしても欲しかった女子大生の...
どうしても欲しかった女子大生の...

    都の教育委員会の話によれば、この女子大生が教育実習をしていたのは13年5月から6月にかけてで、東京多摩地区の公立小学校だった。女子大生はその後、夏休み期間にプールの授業を手伝っている。教員を目指す学生は教育実習後に世話になった学校にボランティアで手伝いに行くことが習わしになっているためだ。

   本来ならプールの授業の手伝いを最後に学校との関係は終了するのだが、副校長から直々に、「プール授業のバイト代の明細を渡し忘れてしまった、取りに来るように」と、13年10月7日夜に居酒屋に呼び出された。居酒屋にいた副校長は女子大生に対し「口は堅い方か」などと確認し、

「いま履いているストッキングを5000円で売ってほしい。知り合いの老人に頼まれている」「コンビニで新しいものを買えばいい」

などと女子大生を説得。女子大生は最初断ったが押し切られ、トイレでパンストを脱いで副校長に渡すことになった。

   さらに、10月10日にも「教師になるための相談にのってやる」などと説明してカラオケ店に呼び出し、「退職後はマッサージ師になるつもりだ」と説明して、女子大生の肩や首を右手で約1分間もんだりしたのだそうだ。

「(知り合いの)老人から頼まれただけ」などと弁解

   女子大生はこのことについて悩んでいたようで、大学に相談するとともに受け取った5000円を小学校に返却した。大学は14年1月、小学校に事情を聞くために連絡を取ったことから「事件」が発覚し、教育委員会が動いた。明らかにセクハラ行為なのだが、教育委員会が副校長に処分を下すまでに時間がかかったのは、「(知り合いの)老人から頼まれただけ」などと副校長が弁解を続けたため。

   このため、教育委員会はパンストを欲しがっていたという老人の元を訪ねることになった。老人は「そんなものは受け取っていない」と驚いていたという。

「こうしたことから副校長が何らかの目的で自分のために買ったのではないかとの判断に至り、今回の処分になりました」

と教育委員会は明かした。副校長は女子大生を呼び出したことに関しては「親交を深めたかったし、アドバイスをしてあげたかった」と説明している。ただし、女子大生を呼び出したのはこの2回きりで、その後のストーカー行為のようなものはなかったそうだ。

「教育実習生のパンストを脱がせて買うなどといった行為は前代未聞であり、極めて遺憾な出来事だ」

   

教育委員会も頭を抱えているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中