箱根駅伝、創価大が初の予選突破

印刷

   第91回東京箱根の本大会出場をかけた予選会が2014年10月18日、東京都立川市で行われ、創価大が10位に入って初出場を決めた。

   陸上自衛隊立川駐屯地から昭和記念公園までの20キロのコースを走り、上位10人までの合計タイムが競われた。48校が参加し、1位は神奈川大。国学院大、東海大などが続き、創価大は本大会出場ぎりぎりの10位だった。

   本大会は予選を突破した10校に加え、東洋大や駒沢大など10シード校、オープン参加の関東学生連合の計21チームが出場し、2015年1月2、3日に開催される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中