古舘さん「エボラ」を「エロ」と言い間違う

印刷

   上手の手から水が漏る――と言ったところか。

   2014年10月21日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、司会の古舘伊知郎さんが「エボラ出血熱」を「エロ」と言い間違えてしまった。

「『エロ、、、エボラ』って言ってた!!」

思わぬミスにネットは盛り上がった
思わぬミスにネットは盛り上がった

   番組開始からわずか30秒、古舘さんが「こんばんは、まずはじめのニュースは」といつもの調子で話し始めたところ、次に飛び出た言葉は「エロ...」。

   かなりはっきりと言ってしまったため、

「『エロ、、、エボラ』って言ってた!!」
「「エロ...エボラ出血熱」って噛まなかった?笑」
「エロって聞こえて、ん!?ってなった笑」

と、ツイッターなどで報告が相次いだ。

   しかし、アナウンサー歴37年目の大ベテランは自らのミスに動じなかった。何事もなかったように、「エボラ出血熱について2つのことをお伝えします」と話を続ける。隣に座る小川彩佳アナウンサーも表情を緩めることはなかった。

   視聴者から「古舘はエロいことばかり考えているんだな」とネットでからかわれてしまったが、安定感のある進行ぶりに評価は上がったのかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中