9月の首都圏中古マンション、価格上昇 都心部がけん引

印刷

   2014年9月の首都圏中古マンションの平均価格(70平方メートル換算)は、前月と比べて0.3%高い2823万円だった。不動産調査会社の東京カンテイが10月22日に発表した。8か月ぶりに全域でプラスとなった影響で、6月から続いた下落に歯止めがかかった。

   上昇をけん引したのは、千代田区や中央区など東京都心6区で、前月比1.0%高い5916万円だった。品川区や世田谷区など6区以外にも上昇が広がっている。

   都県別でみると、東京都では0.1%高い3801万円と小幅ながら3か月連続で上昇。神奈川県でも0.2%上昇の2427万円と2か月連続でプラスとなった。また、埼玉県は0.3%上昇の1863万円、千葉県では0.5%高い1840万円と、7月の価格水準まで持ち直している。

   新築マンションは供給量が減少。地価や工事費の上昇で、販売価格も高めになっている。周辺の売買実績や新築マンションの価格から、中古マンションの売り主は高めの価格を設定しているという。

   なお、調査は東京カンテイのデータベースに登録された売り希望価格をもとに集計。対象はファミリータイプのみ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中