テリー伊藤「夫に甲斐性がないから妻が(男を)家に連れ込んだ」 そこまでいうか、芸能界の矢口真里擁護スクラム

印刷

   2014年10月23日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で不倫騒動から1年5か月ぶりにTV復帰を果たしたタレントの矢口真里さん(31)。

   24日未明には「ナインティナイン」の岡村隆史さん(44)がラジオ番組の中で「元気そうでよかった」と話すなど、芸能界からは続々と歓迎コメントが寄せられている。

岡村隆史「鉢合わせのことは言わなくていい」

芸能界復帰で注目を集める矢口真里さん(2008年4月撮影)
芸能界復帰で注目を集める矢口真里さん(2008年4月撮影)

   岡村さんは「オールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で「ミヤネ屋」出演時の矢口さんについて触れ、「矢口っちゃんがああやってね、ところどころ笑っていましたし。本当に元気そうでよかったなぁというふうに思います」と語った。これまでの放送でも度々矢口さんを気づかってきただけに、元気そうな姿をみて安心したようだ。

   続けて岡村さんは、

「あの鉢合わせどうこう(編注:夫と不倫相手が寝室で鉢合わせたという報道)、あんなこと別に言わなくていいです。そんなものは秘め事ですし、密室のことなんで誰も分からないことなんですから。そんなこと全然言わないでいいです」

と主張した。

   矢口さんは「ミヤネ屋」の中で不倫相手とされる梅田賢三さん(26)とのその後については詳しく語ったものの、肝心の「不倫騒動」の真相は最後まで明かさなかった。元夫である中村昌也さん(28)に、プライベートなことはお互い口外しないよう離婚時に約束してもらったからだというが、視聴者からは「自分に都合いいだけでは」「出てきたいなら全部ハッキリすべき」といった不満の声も少なくなかった。岡村さんはこうした追及や批判のムードに異議を唱えたかったのかもしれない。

   同日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)では、途中から番組を見たという矢作兼さん(43)も「もうばっちり復帰できますよ、みたいな空気が出てたよ」「『大丈夫か?今後使いたい人いないだろうな』とは思わない」などと太鼓判を押していた。

   矢口さんを擁護するにとどまらず、元夫の中村さんを批判したのが演出家のテリー伊藤さん(64)だ。

不倫話リークしたのは中村さん?テリーが推測

   24日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)では冒頭から矢口さんの復帰を取り上げた。テリーさんは、そもそも自宅の中で起きた不倫の話が世間に出てきてしまったのはなぜだろうと指摘した上で、「考えられることは、中村さんが誰かに喋ったっていうこと」と自答し、次のように推測した。

「それ喋らなきゃ、こんなこと何にもならなかったわけですよね。喋るっていうのは、中村さんは悔しかったのか、腹立たしい気持ちがあるかもしれないけれども。自分の甲斐性がないんで自分のかみさんが(浮気相手を)家に連れ込んだって感覚も、どっかに俺はあるんで」

   当初2人の結婚は「格差婚」とも言われたが、テリーさんは中村さんの甲斐性のなさが矢口さんを不倫に走られたのではないかと見たてたのだ。ここまでの話には他の出演者陣も驚いてしまったようで「テリーさんの想像ですよね」とのフォローも入った。

   中村さんを批判する声はテリーさん以外に見当たらないが、矢口さんに対するポジティブな意見は、そもそも「ミヤネ屋」出演時から宮根誠司さん(51)が連発していた。「世間様にはご迷惑かけていませんからね」と何度も強調し、「生きているっていうのは死ぬまでの暇つぶしですから、起伏があった方が楽しいと思いますよ」などと終始励まし続けた。

   芸能界に広がるこうした擁護ムードは、一般の人々の目にはやや「過剰」とさえ映っているようだ。

   そもそも「浮気された側」の中村さんを非難したテリーさんは、不倫報道が出た当初は矢口さんに厳しいコメントをしていた。だが、いつのまにか擁護側に回った経緯がある。今回、ズバズバと質問することが期待されていた宮根さんにも隠し子報道を受けて謝罪した背景があり、23日の放送中にもコメンテーターの春川正明さんに女性問題を振られて思わず「ほっといてください!」と苦笑しながら声を上げる一幕があった。

   相次ぐ擁護のコメントにインターネット上では「やっぱり芸能界は甘すぎる」といった声も目立っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中