フォルクスワーゲン、したたか次世代自動車戦略 人気2車種をベースに電気自動車を発売

印刷

   独フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンが2015年に人気2車種をベースした電気自動車(EV)の発売を決めた。VWが日本国内でEVを発売するのは初めて。日本投入はEV需要が今後高まり、市場拡大が進むと判断したからだ。

   VWが発売するEVは、小型車「up!(アップ)」と主力車「Golf(ゴルフ)」をそれぞれベースにした「e-up!(イーアップ)」と「e-Golf(イーゴルフ)」。既に欧州では発売済み。2台ともガソリン車がベースのため、「アップやゴルフに乗っている人にも違和感はない」(VWグループジャパン)という。

フル充電での航続距離は185キロ

人気車種の「エコカー」で勝負をかける(画像はフォルクスワーゲン グループ ジャパンのホームページより)
人気車種の「エコカー」で勝負をかける(画像はフォルクスワーゲン グループ ジャパンのホームページより)

   イーアップは2015年2月から受注を開始し、価格は約366万円。フル充電での航続距離は185キロ、12.4秒で時速100キロまで加速できる。イーゴルフは2015年半ばに発売予定だが価格は未定。航続距離は215キロ、10.4秒で時速100キロに達する。いずれも家で充電でき、日本の急速充電規格「チャデモ」にも対応している。

   国内では航続距離の短さや充電インフラ整備の遅れなどがネックとなり、EVの累計販売台数は6万台程度にとどまっている。新車販売台数に占める割合も約0.3%で「当初想定を下回り、普及は進んでいない」(業界関係者)のが実情だ。

   こうした状況にありながら、VWに先駆けて独BMWが4月にEV「i3」を投入し、米EVメーカーのテスラ・モーターズも9月から高級EVセダン「モデルS」の納車を始めるなど外国車メーカーの積極的な国内参入が続いている。

   その背景には、トヨタ自動車や日産自動車など国内メーカー4社がタッグを組んで充電インフラ整備の後押しに乗り出し、電池性能の向上など研究開発も進んで、普及に向けた課題が解消されつつあるからだ。VWのEV投入も業界には「他社に後れを取らないよう踏み切った」との見方が大勢を占める。

「本命が読めないなか、複数のエコカーに保険をかけている」

   一方、世界の自動車メーカーは高い環境性能を誇る次世代自動車の開発競争にしのぎを削っている。エコカーとしてはEVのほかに、日本で主流のハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、欧州で人気の高いディーゼル車、そしてトヨタが年内にも700万円程度で発売するとみられる燃料電池車(FCV)などがあるが、どれが本命に踊り出るかは不透明だ。

   そのため、VWは開発当初からゴルフやアップをガソリン車に限定することなく、EVやHV、PHVなど「幅広いパワートレインを搭載できるようにした」(VWグループジャパン)という。EVも車を選ぶ際の選択肢の一つに過ぎず、「次世代自動車の本命が読めないなか、複数のエコカーに保険をかけている」(自動車大手関係者)というわけだ。

   しかし、国内ではHVが幅を利かせており、国内勢のEVはといえば三菱自動車の「アイ・ミーブ」や日産自動車の「リーフ」などで車種は少ない。最近はFCVがクローズアップされているが、燃料の水素供給にはEV以上に巨額のインフラ投資が必要で、普及までのハードルは低くはない。それだけに国内でも人気の高いVWの参入でEV人気が盛り上がれば、次世代自動車の本命争いにも影響を与えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中