新垣結衣が「まとめサイト」にハマっている! 2ちゃんねらー「ガッキー見てるー?」と大はしゃぎ

印刷
「ガッキーに親近感w」「いえーいガッキー見てるー?」「ガッキー!!ここだよー!!」。

   女優の新垣結衣さん(26)がネットの住民、とりわけ2ちゃんねらーたちから大歓迎を受けている。実は、出演番組で「まとめサイト閲覧にハマっている」と明かしたためだ。

「俺のコメントが読まれてると思うだけで胸が一杯」

「俺の発言がガッキーに読まれるかも?」と大盛り上がり(写真は07年撮影)
「俺の発言がガッキーに読まれるかも?」と大盛り上がり(写真は07年撮影)

   新垣さんは2014年10月27日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。特技や近況などを書いた事前アンケートをもとに、司会の「くりぃむしちゅー」上田晋也さんたちとトークを展開した。

   その中で「今、ハマっていること」に話がおよぶと、新垣さんの回答は「まとめサイト閲覧」。有田哲平さんは「芸能人がまとめサイトをまめにチェックする、これはなかなか言えません」とコメントし、ほかの出演者からも「確かに」と賛同する意見が相次いだ。

   これに歓喜したのが、「まとめサイト」にまとめられる書き込みを投稿している2ちゃんねらーたちだ。「俺の発言がガッキーに読まれるかも?」「いやいや、俺だろ」と大盛り上がりした。

   あこがれの新垣さんに自分の書き込みが読まれているかもしれないと、「マジかよ緊張してきた」という人や、「ガッキーに俺のコメントが読まれてると思うだけで胸が一杯」と感動する人、「結衣ー!!!俺だーーー!!!!結婚してくれーーーー、!!!」とプロポーズしようとする人など、さまざまな書き込みが殺到した。

   中には「まとめサイト見てるのか...」と、清純派女優のイメージにそぐわないと否定的な意見もあったが、「おれらとやってること変わらんな」と好意的な意見が圧倒的だった。

ガッキーは何の「まとめ」を見ていたのか?

   2ちゃんねらーの関心は次第に「何のまとめを見てるの?」へと移っていく。一口に「まとめサイト」と言っても、時事ネタやスポーツ、芸能ゴシップなど、さまざまなジャンルがある。また、ツイッターの書き込みや画像、動画をまとめた「NAVERまとめ」などを指す場合もある。

   「普通2chまとめブログだろ」という声の一方、「一般的にはまとめサイトと言うとNAVERまとめの事を意味するよ」という意見が上がる。特に根拠はないが、「まさかの保守速報」「ハムちゃん(編注:ハムスター速報)かもよ」など政治的な話題が多いサイトを挙げる声もあった。

   2ちゃんねらーが盛り上がる中、番組の話題は「最近、泣いたこと」という話題へ。すると、新垣さんはここで「まとめサイト見てても泣きます」と回答した。

   いったい何を見ているのだろうか。新垣さんは「捨てられた犬の動画です」という。「捨てられた犬を保護した、外国の夫婦が撮った動画をアップしていて、今までアップした動画をまとめたサイトを見て泣きました」と話した。

   具体的なサイト名などは明かさなかったが、ネットではさっそくサイト探しが始まり、その結果、どうやら新垣さんが見たのは、アメリカの夫婦が捨てられた犬の保護活動を続けている"About Hope For Paws"という海外のサイトに関するものではないか、という説が有力になった。このサイトを紹介した日本のまとめサイトでは、飼い主から捨てられてゴミ捨て場や街中で野良犬になってしまった犬たちと、それを支える夫婦の取り組みを伝える感動的なストーリーが紹介されている。もちろん2ちゃんねらーの書き込みは掲載されていない。

   これには2ちゃんねらーたちは「そういうまとめな」「おまえらが見てるのとは違うまとめサイトだな」とすっかり意気消沈。一方で、「ガッキーでもみてるから市民権得たな」と前向きにとらえている人もいるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中