矢口真里の復帰劇は結局失敗だったのか 大御所芸能人が口々に「もう十分」「面白くなかった」

印刷

   不倫騒動で長期休養していた元「モーニング娘。」矢口真里さん(31)が芸能活動を再開してから1週間が経った。当初は芸能界から応援コメントが相次いでいたが、次第に雲行きが怪しくなってきている。

   というのも「ご意見番」和田アキ子さん(64)をはじめ、ダウンタウンの松本人志さん(51)やピン芸人の土田晃之さん(42)らが立て続けに苦言を呈しているのだ。

東野幸治「旦那のほうが人間不信やからね」

再スタートをきった矢口さん(2008年4月撮影)
再スタートをきった矢口さん(2008年4月撮影)

   2014年10月23日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、1年5か月ぶりにテレビの世界に戻ってきた。司会の宮根誠司さん(51)らに温かく迎えられ、約1時間にわたり話し続けたが、不倫騒動の真相は元夫の中村昌也さん(28)との「約束」を理由に一切明かさなかった。

   それでも放送後には各方面からエールが寄せられ、芸能界は擁護ムード一色に染まった。テリー伊藤さん(64)にいたっては矢口さんをかばうあまり被害者である中村さんを「甲斐性なし」と批判したほどだった。

   だが少し時間が経つと、厳しい評価を下す芸能人が何人も出てきた。その筆頭が「芸能界のご意見番」こと和田アキ子さんだ。26日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で「『おまかせ』で聞くようなこともうない」「今のところは全く話したくないです。もう十分です」と、かつて準レギュラーだったにもかかわらず突き放した態度をとった。

   同日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で感想を聞かれたダウンタウンの松本さんも「あんま面白くなかったですね」と容赦ない。

「正統派でずっとやってきて、ああいう事件があったからこれを機に違う彼女を見せたらええのに、結局は正統派な感じで行くんか。そうなってくると意外としんどくないか?...って僕は思います」

と、復帰を機にキャラ変更しなかったこと失敗とみたようだ。

   同番組MCの東野幸治さん(47)も、矢口さんが休業期間中に人間不信になっていたと話していたことに「『人間不信』って旦那のほうが人間不信やからね。ほんまに、ふざけんなと」と笑いながらも厳しい言葉を投げかけた。

土田晃之「もうちょっとコテンパンにしていれば」

   同じく「ちょっとないかな、ボク的には」と辛口評を与えたのが土田晃之さんだ。

   26日のラジオ番組「日曜のへそ」で、

「もうちょっとコテンパンにして番組中にやぐっちゃんが泣くくらい追い込んでやっていたら『矢口真里かわいそうだ』と世間はなると思うけど」「『報道陣に追っかけられて』って言うけど、そもそもの原因はお前が旦那いない間に男を連れ込んだからじゃねぇのかってなるわけなんで。そこのことはあんまり言わない」

などと話し、「ミヤネ屋」の過保護っぷりや矢口さんの説明不足が、他番組で騒動をいじりにくい状況を作り出してしまったと分析した。

   「ミヤネ屋」での復帰ショーは失敗だったのか。J-CASTニュースでは23日から、矢口さんの今後の活動についてアンケート調査を行っている。その結果、29日時点では「いじられ役に徹して笑いをとる」は4.9%(138票)にとどまり、「このまま消える」という選択肢が84.8%(2373票)と圧倒的な割合になってしまっている。

   矢口さんから直接話を聞いた宮根さんは27日の「ミヤネ屋」内で「ミヤネ屋で復帰したって言われますけど、復帰したっていうわけではないですよね。復帰を発表する場で『ミヤネ屋』を選んでもらったということで」と説明し、今後の活躍に期待した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中