くまモンが東京の路面電車を「ジャック」 首都圏に「鉄道王国くまもと」売り込む

印刷

   「営業部長」として熊本県の特産品を全国に売り込んでいるくまモンが、次に目を付けたのは鉄道だ。熊本県は九州の真ん中に位置することもあって、九州各地を結ぶ路線の多くが県内を通る。SLをはじめとする観光列車の数も多く、鉄道を重要な観光資源のひとつとして首都圏でPRに力を入れる。

   その一環として、2014年11月1日には都電荒川線の車両を「ジャック」。抽選で招待された人にイベントの様子をソーシャルメディアで拡散してもらい、「鉄道王国くまもと」を売り込む。

「熊本から鉄道で九州全部に行ける」ことをアピール

くまモンは都電を貸し切って「鉄道王国くまもと」を売り込んでいた
くまモンは都電を貸し切って「鉄道王国くまもと」を売り込んでいた

   熊本県は福岡、大分、宮崎、鹿児島の4県と陸路で隣接しており、熊本県では「熊本から鉄道で九州全部に行ける」ことをアピールしている。確かにJR九州が走らせている観光鉄道だけでも、博多駅と鹿児島中央駅を結ぶ九州新幹線、熊本から阿蘇に向かう「あそぼーい」、球磨川を横目に人吉を経由し、肥薩線のループ線やスイッチバックを楽しみながら鹿児島方面に抜ける「SL人吉」「いさぶろう・しんぺい」、熊本駅から天草方面に向かう「A列車で行こう」などがある。豪華列車「ななつ星」も、阿蘇を通るコースを設定している。

   これらはすべて工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがデザインを担当。14年10月には、熊本市交通局が水戸岡さんがデザインした新型路面電車「COCORO(ココロ)」の運行を始めたこともあって、熊本県と熊本市が共同で首都圏で鉄道のPR活動を行うことになった。

貸切電車は約30分かけて大塚駅~早稲田駅を往復

球磨川を横目に人吉に向かう「SL人吉」も人気だ
球磨川を横目に人吉に向かう「SL人吉」も人気だ

   10月には特設サイト「鉄道王国くまもとだモン!」を開設。都内の書店でオリジナルブックカバーを配ったり、日比谷公園で行われた「鉄道フェスティバル」に出展するなどしてきた。12月31日まで熊本の特産品やくまモングッズをプレゼントするキャンペーンを行っている。そもそも、くまモンは2011年の九州新幹線全線開通を機に、関西圏へのPRを目的に登場したキャラクターという経緯もあり、鉄道のPRにはうってつけだとも言える。

   11月1日には都電荒川線の車両を貸し切って、抽選で選ばれた40人を招待。募集はフェイスブックで行われ、約200人の応募があったという。車両は約30分かけて大塚駅~早稲田駅を往復。車内では熊本の鉄道に関するクイズ大会が行われ、正解者には銘菓「朝鮮飴」など熊本の特産品がくまモンから手渡しされた。参加者からは「くまモンかわいい!」といった黄色い声もあがり、スマホなどで次々にくまモンの姿を写真に収めていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中