ノーベル賞中村教授、日亜化学と関係改善目指す

印刷

   青色発光ダイオード(LED)の発明が評価されてノーベル物理学賞の受賞が決まり、文化勲章を受けた米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授(60)が2014年11月3日に会見し、関係が悪化していた日亜化学工業(徳島県)と関係改善を図りたい考えを明らかにした。

   中村氏は日亜化学工業在職時に青色LEDを発明。日亜側に発明の報酬を求める訴訟を起こし、日亜側が総額8億4000万円を支払うことで和解していた。今後、日亜の社長と面会した上で、可能であればカリフォルニア大との共同研究を立ち上げたい考え。

   あわせて、母校の徳島大にノーベル賞の賞金の半分(約2000万円)を寄付する考えも明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中