日経新聞次長が覚せい剤所持などで逮捕

印刷

   警視庁は2014年11月6日、日本経済新聞の文化事業部次長の佐藤孝之容疑者(46)を覚せい剤取締法違反(所持)と麻薬特例法違反(譲り受け)の疑いで逮捕した。同紙が7日、報じた。

   警視庁が家宅捜索したところ、佐藤容疑者の自宅から覚せい剤を発見し、現行犯逮捕した。容疑は認めているという。

   同社経営企画室広報グループは紙面に「社員が逮捕されたことは大変遺憾です。事実関係が判明し次第、厳正に対処します」というコメントを掲載した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中