ミキモトのクリスマスツリー、今年が最後

印刷

   宝飾品の製造、販売を手掛けるミキモトで、長年冬の風物詩として親しまれてきた東京・銀座本店前のクリスマスツリーの展示が、2014年で最後になる。ミキモトの発表によると、本店の建て替えが理由。

   クリスマスツリーは、1976年から展示されてきた。今年は11月15日に点灯式が行われ、クリスマス当日の12月25日まで銀座の街をいろどる。展示後は公募の上、東京近郊の公共施設へ寄付されるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中