ゼンショー、最終赤字75億円に悪化 無配に 15年3月期

印刷

   ゼンショーホールディングス(HD)は、2015年3月期(通期)の連結最終損益が75億円の赤字(前期は11億円の黒字)になる見通しと、2014年11月10日に発表した。従来予想は13億円の赤字だった。年間配当も、1997年の上場以来初の無配(前期は16円)とする。

   人手不足で、牛丼チェーン店「すき家」の多くの店舗で深夜営業を休止したため、売上高が伸び悩み、赤字幅が拡大する。10月末時点で、「すき家」1980店の約6割にあたる1172店が午前0時~同5時の深夜営業を休止中。このうち707店は午後10時~午前9時の営業を休止している。

   通期の売上高の見通しは前期比9%増の5092億円と従来予想から157億円の下方修正。営業損益は80億円の黒字としていた従来予想から一転、17億円の赤字(前期は81億円の黒字)と初の営業赤字を見込んでいる。

   また経営責任を明確にするため、14年12月~15年5月の役員報酬を減額。小川賢太郎会長兼社長は月額30%減、取締役は10%減、執行役員は7%減とする。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中