ネットで騒がれた上原美優「遺書写真」 漫画家がブログでその真相を暴露

印刷

   「貧乏アイドル」として人気を集めた上原美優さんは、24歳の若さで亡くなった後、ネット上で「遺書」とされる写真が出回った。それがここに来て、上原さんとは直接関わりのない第3者から、写真の真相が明かされた。

   「部屋で解読不明の殴り書きのようなメモが見つかった」。上原美優さんが自宅マンションで2011年5月12日未明に自殺したとされたとき、所属事務所のコメントとしてスポーツ紙などで報じられたものだ。

写真は、漫画家の父親が残したメモ書きだった

「遺書写真」の真相を暴露
「遺書写真」の真相を暴露

   持っていた愛用の手帳に書き込みが見つかったともいう。「『お母さんが死んで辛い。このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか』といった趣旨」(サンケイスポーツ)との報道もあったが、多くは前出のように書いていた。

   その後、しばらくこのことは話題になっていなかったが、14年4~7月ごろにかけて、「遺書」とされる写真がネット上で出回るようになった。2ちゃんねるのまとめサイトなどが、次々に取り上げるようになったからだ。

   そこでは、上原さんが出身地の種子島ロケでスタッフを森の中の小屋に案内したとき、壁面にメモと同じ文字が刻印されていたという出所不明の情報が紹介され、オカルト的な意味を推測する書き込みも紹介されていた。

   しかし、その写真はデマであったようなのだ。漫画家の赤星たみこさんが11月8日、自らのブログなどでその真相を明かした。

   それによると、写真は、05年に亡くなった赤星さんの父親が、亡くなる直前に残したメモ書きだったというのだ。メモは父親のアロハシャツの上に載せ、赤星さん自身が撮影したという。赤星さんは08年10月、文字が乱れているそのメモ書きについて「解読お願いします」とブログで呼びかけ、写真をアップしていた。それがいつの間にか、上原さんの「遺書」とされる写真にデッチ上げられていたというわけだ。

2ちゃんねるなどで「遺書」と関連づけられる?

   赤星たみこさんの友人がその原因を調べたところ、上原美優さんが自殺したとされる当日の夕方に、2ちゃんねるの自殺関連スレッドで、何者かによって写真がアップされていたことが分かった。スレ内で、上原さんの部屋で解読不明の殴り書きのようなメモが見つかったという報道が紹介された後のことだった。

   そこには何も書き込まれてはいなかったが、写真が上原さんと関連づけられるきっかけになったかもしれないという。この写真は後に、コンビニにも置いてあるオカルト雑誌に上原さんの「遺書」と紹介されていたといい、それが2ちゃんなどで話題になって、まとめサイトにも取り上げられるようになったのが真相らしい。

   赤星さんは、ブログでこうしたことについて「情けないというか、恐ろしいというか...」と嘆き、「皆様、信じないでくださいね」と呼びかけている。

   写真を巡る今回の騒ぎについて、上原さんが所属していたプラチナムプロダクションでは、「ご遺族のこともありますので、お答えを差し控えさせて下さい」と取材に答えた。

   上原さんのブログは、亡くなった後に1万件を超えるコメントが寄せられ、2011年12月に閉鎖されたときも惜しむ声が相次いでいた。その後もファンらからの声などが寄せられているかについても聞いたが、コメントは控えたいとのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中