たかじん『殉愛』めぐってゴタゴタ続く 新たに作詞家も参戦、メモの筆跡が本人と違う!

印刷

   やしきたかじんさんと妻さくらさん、2人の物語を作家の百田尚樹さんが書いたノンフィクション『殉愛』をめぐるゴタゴタが続いている。

   「美談すぎる」内容の真偽に続き、たかじんさんが残したという膨大なメモの筆跡、さくらさんの前夫との関係など、次々に「疑惑」が浮上。元弟子の打越元久さん、作詞家の及川眠子さんが相次いで証言ツイートを投稿、これに対し百田さんも反論している。

元弟子「筆跡が違うのは明らかですよ!」

14年11月7日に発売された『殉愛』(幻冬舎)
14年11月7日に発売された『殉愛』(幻冬舎)

   オリコン週間BOOK総合ランキング(2014年11月17日付)で1位を獲得するなど、売り上げは好調の『殉愛』。しかし、当初から、2人のフェイスブックを通じた出会いや、たかじんさんの闘病を支えるさくらさんの献身ぶりなど、あまりの美談ぶりに「これって本当なの?」という声が出ていた。

   新たに浮上した疑惑の1つが、『殉愛』の表紙にも使われている、たかじんさんが残したという膨大な自筆メモが偽書だというものだ。百田さんはこれらを資料に執筆したとしているが、生前のたかじんさんの筆跡と異なる、という指摘がファンから出ているのだ。

   たかじんさんの代表曲『東京』の作詞を手がけた及川さんは、

「表紙に感じたすっごい違和感。なんでだろーと思っていたが、はたと気付いた。たかじんってあんな字を書いたっけ?もっと読みづらい変ちくりんな字だった記憶が...。病気になると筆跡まで変わっちゃうのかな?」

と16日のツイッターで疑問を呈した。

   80年代に弟子をしていた打越さんは18日のツイッターで「やしきがファンクラブの会報に自筆で掲載していたページです。筆跡が違うのは明らかですよ!」と、会報誌の写真を投稿。さらに、個人あてでもらった手紙の写真も掲載している。これらの写真を見ると、かなりクセのある読みにくい文字だ。

   打越さんは「やしき師匠の筆跡をお持ちの方は投稿しよう!資料は沢山あった方が良いのかな」と呼びかけ、すでにファンからサイン色紙が提供されている。

百田「重婚の事実はない」と否定

   もう1つは、さくらさんの「前夫との関係」だ。たかじんさんとさくらさんが結婚したのは2013年10月。たかじんさんが亡くなるわずか3か月前だ。

   さくらさんは09年にイタリアへ渡り、ネイルサロンを立ち上げた。『殉愛』では、11年、一時帰国した際にたかじんさんと出会い、交際に発展したとされている。

   しかしネットではさくらさんのものとみられるブログなどから、現地で出会い、結婚していたイタリア人男性との式の様子が「発掘」されている。イタリアでは数年の別居期間がないと離婚が認定されないといわれることから、この男性とたかじんさんと結婚していた時期が重なっていたのではないか、という「疑惑」が持たれているのだ。

   こうした疑問に対し、百田さんは「多数の質問が寄せられたので書く」とツイッターで反論を展開。「たかじんの妻にはイタリア人男性との結婚・離婚歴がある(日本で入籍、離婚)」と認めた上で、「しかし一部ネットで言われている重婚の事実はない」と否定した。

   百田さんの投稿によると、さくらさんはたかじんさんと出会う1年前から離婚を協議し、たかじんさんにも相談していた。しかし、本のメーンテーマではなく、またプライバシーの面から、「迷った末に書くのをやめた」という。

   百田さんは「本に離婚歴を書かなかったというだけで、ネット上では『とんでもない悪女』という評判が立った。すべては私のミスである。以上!」と幕引きをしているが、依然としてネットではあれこれ取りざたされている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中