衆議院が解散 事実上の選挙戦に突入

印刷

   衆議院が2014年11月21日、解散された。衆院選が行われるのは自民党が政権に返り咲いた12年12月以来2年ぶり。安倍政権が推し進めた経済政策「アベノミクス」をはじめとする2年間の政権運営への評価が争点になる。

   解散後の臨時閣議で「12月2日公示、14日投票」の衆院選日程を決める。

   本会議は13時に開会し、有期雇用労働者特別措置法案などを可決させた上で伊吹文明議長が解散詔書を読み上げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中