ソニー、FIFAスポンサー降板へ 日経など報じる

印刷

   ソニーが国際サッカー連盟(FIFA)のスポンサー契約更新を見送る方針であると、複数のメディアが2014年11月25日に報じた。

   契約は2007~14年の8年で、今年で満了する。契約期間中は、南アフリカとブラジルでサッカーワールドカップが開催された。日本経済新聞やロイター通信は、ソニーが自社の構造改革優先のため巨額の費用を伴うスポンサー契約を見送る判断をしたと伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中