ツルから高病原性鳥インフル 国内最大の越冬地・出水で

印刷

   国内最大のツルの越冬地として知られる鹿児島県出水市で、死亡したマナヅルから高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N8亜型」が検出されたと、環境省が2014年11月29日発表した。すでに27日に、問題のツルが発見された地点の周囲10キロが野鳥監視重点区域に指定され、近隣の養鶏場への聞き取りなども行われているが、出水市などでは石灰の散布、消毒液をしみこませたマットの設置など、防疫体制を強化するとしている。現時点では、他の野鳥の大量死などは確認されていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中