俳優・菅原文太さん、死去 81歳 各紙報じる

印刷

   俳優の菅原文太さんが2014年11月28日、転移性肝がんによる肝不全のため都内の病院で亡くなったと各紙が報じた。81歳だった。

   同日、福岡県の太宰府天満宮で家族葬が執り行われたという。

   菅原さんは1933年宮城県仙台市生まれ。早稲田大中退後、モデルなどを経て俳優に。

   73年に始まった任侠映画「仁義なき戦い」シリーズ、75年に始まった映画「トラック野郎」シリーズで一躍名を上げた。

   80年代からはテレビドラマにも活躍の場を広げた。中でも多くの出演回数を持つNHK大河ドラマは88年の「武田信玄」「徳川慶喜」、99年の「元禄繚乱」や2002年の「利家とまつ ~加賀百万石物語~」など数々のヒット作を支えた。

   2012年11月に俳優業引退を宣言して以後、ラジオパーソナリティーやナレーターなどを務める傍ら、山梨県で農業を営んだ。また、国民運動グループ「いのちの党」を結成するなど社会運動にも広く携わった。

   先月1日には沖縄県知事選の決起集会に参加、新たな県知事として選出された翁長雄志(おなが・たけし)氏の応援に駆け付けるなど元気な姿を見せていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中