長谷川洋三の産業ウォッチ
舛添東京都知事の海外アピール戦略:東京五輪2020年は水素時代の幕開け

印刷
「東京オリンピックの目玉はやはり新幹線ですかとロンドンの五輪関係者から聞かれたが、即座に2020年は水素時代の幕開けですと答えました」

   前回の五輪開催地のロンドンなどを訪問した東京都の舛添要一知事は2014年11月27日、日本外国特派員協会(FCCJ)でこう強調した。

   知事は東京オリンピックでは環境を重視したものになると指摘、とりわけ次世代エネルギー、とりわけ水素エネルギーの時代になることを印象づけたいと強調した。

   このため都バスにできるだけ早期に燃料電池を導入したいと強調、燃料電池車の普及を図るため国だけでなく都としても購入補助金を支給したいと語った。また水素自転車の導入も促進し、自転車のレーンを倍増したいと語った。

東京に来た外国人観光客を全国に目を向けさせる

   知事は会見で東京オリンピックでは東京都の発言力が強いと強調、「東京は金があり偉大である」と指摘し、これをきっかけに東京を世界の金融やビジネスの中心都市としてアピールする。さらに、大阪、愛知、神奈川をはじめ、東北3県との連携を強め、東京に来た外国人観光客を全国に目を向けさせる「機関車」となって、働きかけたいとした。ただカジノには否定的で「カジノなしでも東京はやっていける」と話した。

長谷川洋三

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中