国産ウイスキー復刻版続々 「マッサン」人気で

印刷

   国産ウイスキー大手のニッカウヰスキーとサントリー酒類が、定番商品を再現した復刻版を相次いで発売する。

   ニッカウヰスキーは、NHKの連続テレビ小説「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝と妻リタが創業。一方、サントリーの前身の「寿屋」は、ウイスキー造りを竹鶴政孝が手がけた経緯がある。ドラマを追い風に、「伝統の味」をアピールして、新たなファンの獲得と販売増を目指す。

   ニッカウヰスキーの親会社、アサヒビールは、「日本のウイスキーの父」竹鶴政孝が、思い入れを持ってつくったウイスキーブランドの復刻版シリーズの発売を、2014年12月2日に発表した。現存する発売当時の商品をブレンダーがテイスティングし、「1956年当時の香味を再現」する。第1弾として「初号ブラックニッカ復刻版」を15年1月27日に、第2弾は「初号ハイニッカ復刻版」を15年2月24日に、それぞれ12万本限定で発売する。第3弾も予定している。

   サントリー酒類は、1937年に創業者の鳥井信治郎氏の「日本人の繊細な味覚にあったウイスキーをつくりたい」という熱い想いから誕生した、「サントリーウイスキー角瓶43度 復刻版」を、15年2月17日に数量限定で発売する。

   近年、「角瓶」は食事との相性が良い「角ハイボール」として人気。2014年1~10月の販売数量は前年比10%増と好調に推移している。

   いずれも、当時のラベルをもとにデザインも工夫している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中