「グーグル税」イタリアに続き英国でも導入か

印刷

   米グーグルやアマゾン・ドットコム、スターバックスといった多国籍企業に課税する、いわゆる「グーグル税」について英国が導入する方針だと、オンラインニュース「ワイアード」が2014年12月4日に報じた。英政府のオズボーン財務相が発表したという。英国で挙げた利益に対して税金を払わないことに対する措置だ。

   記事によると、新税の適用は2015年4月1日からで、税率は25%になるとみられる。

   グーグル税は2013年12月にイタリアが導入を決めており、英国で実現すれば欧州で2番目となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中