「平成の怪物」はまだ「使える」のか SB入りの松坂大輔、年俸4億円に仰天

印刷

   「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔が日本球界に戻ってきた。2014年12月6日、ソフトバンクの王会長が同席し、入団が決まった。

   使えるのか。さまざまな声が上がった。

1勝につき1億2000万円

果たして活躍できるか(画像はイメージ)
果たして活躍できるか(画像はイメージ)

   年俸4億円プラス出来高、3年契約――。この契約には驚いた。連覇を狙う投資にしてもすごい額である。円安・株高の波に乗ったのか、優良企業の証明だろう。

「野球に対する情熱を感じた」

   古巣の西武ではなく、ソフトバンク入団を決めた理由を、松坂はそう語った。さらに日本球界復帰についてはこう言った。

「最後は日本でプレーして終わる、と考えていたが、この時期にこうなるとは思っていなかった」

   つまり大リーグで燃焼していないというのである。現在、34歳。あと2、3年してから戻りたかった――これが本音なのだろう。その思いはファンも同じだ。

   松坂は横浜高時代、甲子園で春夏連覇。西武入りし、エースに。2007年、ポスティングシステムを利用してレッドソックスと契約。総額5200万ドル(当時で約60億円)で6年契約を結んだ。

   2年目に18勝。主力投手となった。ところが11年に右ヒジ手術。再起したものの、かつての速球とスライダーは影を潜めた。12年限りで退団し、インディアンスやメッツで投げたが、ここ2シーズンは3勝ずつの6勝。

   大リーグ通算56勝のうち、レッドソックスでは49勝。1シーズン平均8勝、1勝につき1億2000万円となる。ボストンでは「とんだ、ぜいたく品だった」とGMに非難が向けられた。

キャンプでは間違いなく話題を集める

   今後の注目は、戦力になるかどうか、となる。入団決定と同時に、さまざまな声が上がっている。

   松坂がプレーした西武のOB監督がパ・リーグには多い。ソフトバンクの工藤は自軍だが、相手には西武の田辺、ロッテの伊東、楽天の大久保。彼らの思いはおそらく同じだろう。

「若いときはすごかった。でも、もうあの頃の力はないのでは...」

   評論家の多くも疑問符を投げかける。

「手術して復帰したが、彼らしい投球ができていない」
「太りすぎに見える。これからのトレーニングがポイントだな」

   期待する声もある。

「やはりビッグネーム。スター選手が少なくなった今、ファンは怪物のピッチングを見たいと思っているはず」

   出戻り、と冷めた目を向ける野球人もいる。本人もそれを意識しており、来シーズンはそういった声、見方との対決にもなる。

「やれるかのか、という疑問は当然だと思う。来年のシーズンが終わったとき、大丈夫だったな、と思われるように頑張る」

   淡々とした語り口だったが、強い意志が感じられた。恵まれた待遇に報いる、という気持ちもうかがえた。

   来年のキャンプでは間違いなく話題を集める。「ぜひ見てみたい」と言った日本ハム大谷との絡みは注目したい。あと36勝で日米通算200勝となり、名球会(王理事長)の資格をクリアする。背番号18、再び絵になることができるか。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中