米アップル、横浜に研究開発拠点を新設 来年早々とも報じられる

印刷

   iPhoneなどの発売元の米アップルが2014年12月9日、横浜市内に研究開発拠点「テクニカル・デベロップメント・センター」を新設することを明らかにした。各メディアがその内容を報じた。

   報道によると、アップルが米国以外に研究開発拠点を置くのは初めてといい、みなとみらい地区に15年早々にも設置される見通しという。これに関連し、安倍晋三首相はさいたま市での街頭演説で「アップルが最先端の研究開発を日本ですると決めた」と述べた。

   ただ、ネット上では、アップルの進出で、日本の技術が海外に流出してしまう懸念も指摘されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中