ジャージ姿で選手と契約交渉 中日・落合GM「オレ流」に賛否両論

印刷

   プロ野球・中日ドラゴンズの落合博満GM(61)が選手との契約更改交渉にジャージ姿で臨んでいたと、一部スポーツ紙が報じた。これは「オレ流」と言えるのか、ネット上で論議になっている。

   中日は2014年の今シーズン、リーグ4位とBクラスに終わった。報道によると、球団からは、選手らに厳しい条件提示の交渉が行われている。

「正直、えー、その格好でやるの、って思いました」

   そんな中で、落合博満GMの服装が物議を醸していると、東京スポーツが12月9日発売号で記事にした。

   それによると、ある中日の選手は、ナゴヤ球場に隣接する合宿所で行われた交渉で、部屋に入ると落合氏が上下ともジャージ姿で座っていたので目を疑ったというのだ。選手にとって、交渉は一大イベントだけに、「正直、えー、その格好でやるの、って思いました」と取材に答えている。

   また、別の選手は、スーツ姿で決めて交渉に臨んだが、落合氏はジャージのうえに首にタオルを巻いていたと証言した。その姿を見て、「ほとんど風呂上がりの格好のようにしか見えなくて...」と困惑したそうだ。

   落合氏は、交渉ではいつもジャージ姿ではなかったものの、中日OBからも、「失礼極まりない」などと怒りの声が上がっていたという。別のOBも、「1年間、必死でプレーしてきて評価を下す場なのに誠意がない」と厳しく批判したと東スポは伝えている。

   落合氏の服装について、ネット上でも、批判の声が多い。

「ジャージ+タオルは流石に駄目だろ」「ネクタイはまだしもせめてスーツくらいは...」「人の上に立つのに必要な機微には疎い人だ」

   もっとも、「上層部の格好はどうでも良いんじゃないの」「くだらんことでグダグダ言うOBって誰だ?」と落合氏を擁護する向きもある。

中日の広報「何ともお答えできません」

   独自のオレ流を貫いているのは、服装ばかりではない。落合博満GMは、選手との交渉を欠席するケースがあることも、物議を醸している。

   1回目の交渉で契約を保留にした大島洋平外野手(29)について、落合氏は12月5日に行われた2回目の交渉は欠席した。報道によると、西山和夫球団代表は、その理由について、金額の決定権があるのは球団代表だからと説明した。大島選手は、3回目の交渉では落合氏の同席を求めたが、落合氏は、2回目以降は欠席を決め込んでいるという。

   東スポの前出記事によると、落合氏は、ドミニカ共和国のウインターリーグに参加して交渉が遅れた又吉克樹投手(24)に対しては、来週にも行われる1回目の交渉でさえ欠席するという。その理由について、西山球団代表は、自分が責任者であり、又吉選手にはすでに査定表を渡したと説明したというが、中日OBからは、落合氏はマスコミにあれこれ聞かれたくないからではないかと疑念の声が出ている。

   落合氏は、GM就任1年目の13年は、8億円ものコストカットをし、今シーズンも年棒の提示額を変えない方針だと報じられている。大島選手のケースでは、球団タイ記録となる186安打を放つなど活躍しただけに、ネット上では、交渉に応じるべきだとの声が多い。

   もっとも、落合氏は現役時代、日本の選手として初めて年棒調停に持ち込んだだけに、大島選手もその覚悟でいるべきだと言いたいのかもしれない。

   中日ドラゴンズの広報担当者は、落合氏がジャージ姿で交渉に臨んだことについて、「スーツやネクタイの方がいいに決まっていますが、ジャージだったことについては、何ともお答えできません」と取材に答えた。交渉を欠席したことについては、「出ていないときもあると思いますが、それについて、お答えする必要はないと考えています」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中