卓球ワールドツアー 女子ダブルスで平野・伊藤の14歳ペアが初優勝

印刷

   卓球のワールドツアー・グランドファイナルが2014年12月13日、タイ・バンコクで開催され、女子ダブルスで平野美宇・伊藤美誠の14歳ペアがポーランド組に4-0のストレートで下し、初優勝を果たした。

   大会は今年のワールドツアー4試合以上に出場し、ポイント上位の選手が参加。10年に男子シングルスで水谷隼が優勝しているが、ダブルスでの優勝は男女通じて初の快挙だ。

   世界ランク上位の中国勢は今季のツアー参加回数が少なかったため、ファイナルには出場していない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中