習主席、南京事件「30万人が虐殺された」 犠牲者数巡り日中に新たな火種

印刷

   2014年12月13日、中国政府が初めて開いた南京事件の追悼式典で、習近平国家主席は「30万人が虐殺された」と中国側が主張する犠牲者数をあらためて強調した。

   これまでも南京事件の犠牲者数は日中双方で議論されてきた。APECでようやく首脳会談が実現したばかりタイミングでの発言は、新たな火種となる可能性がある。

「人類史に残る暗黒の1ページ」

人民日報(ウェブ版)でも習氏発言を喧伝
人民日報(ウェブ版)でも習氏発言を喧伝

   この日、江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」で開かれた式典には習氏ら党幹部を含む、約1万人が出席した。これまで南京事件の追悼式典は毎年12月13日に地方レベルで開催されていたが、14年2月に、9月3日の「抗日戦争勝利記念日」とともに「追悼記念日」として国家行事に制定、格上げされた。

   そこで習氏は南京事件について、

「1937年12月13日、南京に侵略した野蛮な日本軍によって、30万人が虐殺され、無数の女性が乱暴され、子どもが非業の死を遂げ、3分の1の建物が破壊され、多くのものが略奪された」

と述べ、「第2次世界大戦における三大惨事の1つ」「人類史に残る暗黒の1ページ」と非難した。さらに、

「いかなる人が南京大虐殺という事実を否定しようとしても、歴史や30万人の無辜の犠牲者、13億人の中国人民、平和と正義を愛する世界の人々が認めないだろう」

とも語り、30万人という従来の主張を繰り返し強調している。

   習氏の発言は人民日報や環球時報など国内メディアで盛んに喧伝された。式典開催について、「うらみを引きずるためのものではない。中日両国民はこれまで世代の友好をつないで、歴史を鏡に、未来に向かって人類のために平和を築いていくべきだ」とも話しているものの、「30万人」という犠牲者数を見出しに取っている記事もあり、友好ムードは影をひそめた形だ。

石平氏「嘘を吹聴」

   これまでも日中戦争時の南京市内での虐殺行為はその有無も含め、犠牲者数をめぐって日中両国で議論の的となってきた。

   10年に公表された「日中歴史共同研究」によると、日本側研究者は「20万人を上限に、4万人、2万人などの推計がある」としている。また、日本国内では「虐殺そのものがなかった」という見方も含め、さまざまな議論がある。一方の中国側研究者は「総数30万人余り」と主張。日本との隔たりは大きい。

   習氏の発言には日中双方で反応が起きている。中国のネットでは、各地の記念式典に参加した様子や、日本を非難する書き込みが相次いだ。「日本の青年の友だちは知っているかい?」とたどたどしい日本語で、虐殺についてウェイボーに投稿するユーザーもいた。

   日本でも同様で、習氏や中国を非難する声があふれている。拓殖大客員教授の石平氏はツイッターで、

「今日の『南京式典演説』、習近平は『30万人虐殺』の嘘を吹聴しながら『日中国民の友好』をも口にする。相手に冤罪を被らせながら『友好』を語るとはまさに共産党一流の詐術」

とした。

   また14日放送「サンデーモーニング」(TBS系)に出演した毎日新聞特別編集委員の岸井成格氏は「30万人の犠牲はいくらなんでもありえない。日本側から相次いで事件そのものがなかったと否定する発言があるものだから、ああいう形で反発、愛国心を鼓舞し、求心力を高めようとしている」と述べている。

   11月に中国で開催されたAPECで安倍・習両首脳の会談が実現したばかりだったが、習氏の発言で再び日中間に亀裂が入りかねない事態となった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中