「秒速で復活??」与沢翼再び蠢く シンガポール移住、マスコミに出まくる

印刷

   「秒速で1億円稼ぐ男」と呼ばれ、メディアを賑わせた実業家の与沢翼氏。経営する会社の資金がショートして多額の税金未払いを抱えたが、その後も雑誌やテレビに露出し、自らインターネットで積極的にプライベート情報を流し続けている。

   公式ブログでは最近、シンガポールに56階建て高級マンションの最上階に引っ越しを決め、現地へ移住すると明かした。巨額の「債務」は完済したのか。

自らの「転落話」の記事では新著へ誘導する

シンガポールで3度目の起業をするという
シンガポールで3度目の起業をするという
「来年夏以降はしばらく日本に戻らないつもりです」

   与沢氏がこうブログに書いたのは2014年12月11日。シンガポールで新会社の設立を決め、準備を整えている。「実力を付けて、年を取ってから、晩年頃には日本に戻ってきたいなと思っております」というから、移住する気構えのようだ。

   アフィリエイト事業で成功を収め、派手な私生活ぶりを頻繁に公開して話題を集めた与沢氏が2014年4月26日、突然経営の行き詰まりをフェイスブックやブログで告白。法人税や住民税、事業税が1億円超残っていると明かした。多額の未納金に加え、取引先のクレジットカード会社倒産による売掛金の未回収や、グループ会社役員が海外FXに手を出して「元本の90%を失った」とトラブルが重なり、事業の継続が困難になったのだ。

   「お金持ちを演じることを期待されているのに、もはやお金がない」「酒と見栄と女に狂った典型的なアホ経営者」と自暴自棄とも取れる発言が目立つ。自らの象徴的存在だった高級外車3台を売り払い、住宅契約も解除。ネオヒルズ族の転落などと取り上げられた。

   ただその後も、メディアには露出を続けた。パーティーライフから一転して月5万円の倹約生活と「落ちぶれた」様子を隠さない。しかもその話を「商売」につなげる。例えば「日刊SPA!」2014年6月28日号の記事は、「与沢翼はなぜ秒速で転落してしまったのか?」との題名で本人の弁を入れつつ、続きを知りたい読者へ与沢氏の「告白本」へと誘導し、「ひと儲け精神」を忘れない。

   ブログやフェイスブックは「転落ネタ」だけではない。交際相手であるグラビア女優のセクシーな写真をしばしば公開。2人で海外のリゾートホテルで撮影したとみられるショットも多い。12月2日には「プチ整形」も明かした。小顔になる効果のある注射を打ったという。とにかく、話題になりそうな話を切れ目なく投入し続けているように見える。

1億円ほど残っていた税金の支払いもほぼ終わる

   2014年12月4日付のブログには、「先月末にフライデーされてたらしいんです。また叩かれる。絶対やばいよ!!!明日発売されるみたいで怖すぎる」と書かれていた。確かに12月19日号の「フライデー」に「与沢翼 秒速で夜遊び復活」との見出しで、路上で両脇にいる女性の肩に手をかける写真が掲載されていた。ただ記事には、シンガポールに移る前の最後の集まりだったとの説明があり、「見事に秒速で復活した与沢の、3度目の正直を祈りたい」と好意的なトーンで結ばれている。強烈なスクープとは言えない内容だ。もしかしたら、「やばい」内容ではなかったから、わざと事前にブログに書いて注目を集めようとしたのだろうかと勘繰ってしまう。

   「フライデー」では、1億円ほど残っていた税金の支払いもほぼ終わり、現在は著書の印税や講演、メルマガで月100万円近い収入があると明かしていた。自らの「転落ストーリー」ですら収入につなげようとする商魂は、シンガポールに移っても続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中