クルム伊達、深夜の抜き打ちドーピングテストに激怒 警察を呼ぶ騒ぎに

印刷

   女子テニスのクルム伊達公子選手(44)が2014年12月16日のブログで、深夜の抜き打ちドーピングテストに怒って警察を呼んでいたことを明らかにした。

   それによると、前日は22時前に就寝したが、調査員2人の訪問で起こされた。そして、検査に必要となる90ミリリットルの尿が取れず、通常の検査終了時間の23時を過ぎても居座られた。警察を呼んだのは、調査員の言動に怒ったためという。1時45分ごろに検査が終わったが、その後はほとんど眠れなかった。伊達選手は、「大切なこの時期にアスリートの活動を完全に崩す結果になっているこのシステムにどう考えても疑問が残ります」 と書いている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中