松井秀喜氏「次期監督」に「困りましたね...」 原監督すかさず「僕も聞きたいね!」に爆笑

印刷

   巨人の原辰徳監督(56)と元ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜氏(40)が2014年12月17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で開かれた記者会見に出席した。

   松井氏をめぐる最近の関心事は今後の身の振り方で、「巨人の次期監督に」といった声も少なくない。会見で直球質問を受けて「困りましたね...」と苦笑いする松井氏に、原監督はすかさず「僕も聞きたいね!」。会見場は爆笑に包まれた。

ジーターとのホームランダービーには「ホームアドバンテージで何とか勝ちたい」

原辰徳監督(右)の「僕も聞きたいね!」という突っ込みに大笑いする松井秀喜氏(左)。次期監督として松井氏の名前が取りざたされることも多い。写真中央は森永製菓の新井徹社長
原辰徳監督(右)の「僕も聞きたいね!」という突っ込みに大笑いする松井秀喜氏(左)。次期監督として松井氏の名前が取りざたされることも多い。写真中央は森永製菓の新井徹社長

   会見では、15年3月21日に東京ドームで「トモダチ チャリティーベースボール」と銘打って行われるチャリティーイベントの概要が発表された。トークショーや原監督による野球教室、被災地を含む日米中学生による対抗戦、松井氏のヤンキース時代の盟友、デレク・ジーター氏(40)とのホームラン競争などが企画されている。

   ジーター氏はこの企画のために来日予定で、松井氏は同氏を、

「今の小さい野球が好きな子どもでも、『ジーター』と名前を聞けば知っているだろうし、実際に彼と触れ合って、彼の発する空気、話すこと、行動、すべて子どもたちに良い影響があると確信している。そのくらい大きな人間、選手」

とたたえた。ただ、ホームラン競争の勝敗については、

「今年まで現役でしたからね、彼は。だいぶハンデがあるのでは...。うーん、どうですかね...。やはりホームアドバンテージで何とか勝ちたい」

と、若干弱気だ。

   原監督は今季でセ・リーグ3連覇を果たし、来季で通算12年目。後任人事が話題にのぼることも増えてきた。特に白石興二郎オーナーは11月21日の会見で、松井氏について「ポスト原の有力候補」とも述べている。記者会見では、この点について、

「巨人のマネジメントからオファーがあったとしたら、原監督の後継者、つまり読売巨人軍の監督を引き受ける意志はあるのか」

という「直球」も放たれた。

ヤンキースのコーチにも「来年のことに関しては白紙。ちょっと分からない」

   松井氏が

「困りましたね...」

と言葉に詰まっていると、原監督が

「僕も聞きたいね!」

と割り込み、会場を笑わせたが、松井氏は

「これはですね...、先ほどと同じで、違うところで話した方がいいかもしれない」

と身の振り方を明言することはなかった。松井氏の「先ほどと同じ」とは、直前の質問が「イベント開催が当初よりも遅れたという話があるが、ギャラ交渉が難航したからなのか」といった答えにくい内容だったことを指す。この質問では、司会者が「違うところで話した方がいいかもしれない」と、登壇していた森永製菓の新井徹社長(64)に助け船を出した。

   会見では、松井氏がヤンキースのコーチになるという説も出たが、やはり松井氏は、

「来年のことに関しては白紙。ちょっと分からない」

とかわしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中