大渕愛子弁護士が激怒した「犬のひき逃げ」 飼い主にも落ち度があった?

印刷

   飼い主がいるのに犬をひき逃げしたとして、大渕愛子弁護士(37)が、夫から聞いた話に「許せない」とブログで怒りを露わにしている。しかし、ネット上では、飼い主にも落ち度があったのでは、と指摘する声も出ている。

   大渕愛子弁護士は、日テレ系「行列のできる法律相談所」でおなじみだ。2014年8月24日には、俳優の金山一彦さん(47)と再婚したことを番組内で生告白して話題になった。

「飼い主がいるのに、そのまま去ってしまった」

ブログが話題に
ブログが話題に

   大渕弁護士は、12月15日のブログで、夫の金山さんが最近、車に取りつけたドライブレコーダーに意外な効用があったと報告した。それは、犬のひき逃げの一部始終をレコーダーが記録していた、ということだ。

   それによると、夫の金山さんが車を1人で運転しているとき、すぐ前を走っていたタクシーが大きな飼い犬を轢いてしまう場面に遭遇した。その犬は足を引きずって道路脇へ移動し、飼い主も戸惑った様子だった。ところが、「そのタクシーは、そこで停止もせず、そのままスピードを上げて去って行ったんです」。

   金山さんは、飼い主に「追いかけるから」と言って、そのタクシーを車で追跡した。タクシーは、しばらくして停車して客を降ろしたので、金山さんが窓を叩くと、運転手は「わかってんだよ」と逆ギレした。しかし、運転手は、犬を轢いた現場にタクシーで戻って、警察を呼んだという。そこで、金山さんは、警察に任せて、仕事へ向かったとしている。

   ドライブレコーダーは、その全貌を映像に収めていたそうだ。

   もしタクシーを見失ったり、運転手が知らない顔をしたりしてもレコーダーなら追及できるとしたが、大渕弁護士は、「こういう映像を見ると、やっぱり許せないな~と思う」と運転手の行動を批判している。

   大渕弁護士のブログには、主に共感するコメントが200件ほども寄せられている。

「双方にそれなりの非があったのではないか」

   2ちゃんねるなどでも、「器物損壊だから当て逃げじゃないの?」「事故起こしたら先ずは停まって警察やろ」と、タクシー運転手の行動を疑問視する声が出た。

   一方、ブログでは、犬が車道上に出ていたとも読めることから、「飼い犬が轢かれる状況は普通に考えていたらリード付けてませんよ」「急に飛び出してきたとかだったら運転手に同情するわ」といった指摘が出た。また、たとえ飼い主がリードを付けていたとしても、犬を車道側に歩かせていたのではないか、という疑問が出ており、飼い主側の責任を問う声も上がっている。

   ブログ内容について、大渕愛子弁護士は、取材に応じ、今回のケースは、運転手が逃げるつもりだったと言い切る材料がなく、当て逃げといった犯罪と言うことはできないと説明する。しかし、他人の物を壊すことになるので、民法上の不法行為には当たり、犬の治療費などを保険で支払わなければならないと言う。

   飼い主が犬にリードを付けていたかどうかについては、レコーダーなどではよく見えなったという。車がいっぱいいっぱいに通る狭い道だったため、たとえリードを付けていたとしても、犬が車道側を歩いた飼い主の責任を問うのは難しいとした。

「運転手は、徐行しなければいけないのに、スピードを出し過ぎており、前方不注意でもありました。一方で、飼い主も、犬を連れて車道のはじっこに寄れたかもしれません。今回は、双方にそれなりの非があったのではないかとも思います」

   ただ、大渕弁護士は、「本来なら、運転手はその場で止まって警察を呼び、どちらが悪いのか確認すべきでした。そうできなくても、飼い主に『お客がいるので、後から来る』と言ってほしかったです」としている。

   板倉宏日大名誉教授(刑法)は、飼い主にも過失がある可能性があり、その場合は賠償額にも影響が出ると指摘した。もし犬を轢いたことで大事故などになれば、飼い主の責任も重くなるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中