トヨタ「ランクル70」が好調 発売3か月で販売目標の10倍近く

印刷

   トヨタ自動車が、誕生30周年を記念して10年ぶりに復活させたスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー 70シリーズ」(ランクル70)の販売が好調だ。2014年8月25日の発売から3か月たった11月末時点の受注数は約5600台にのぼり、販売目標(月200台)の10倍近いペースで売れている。

   ランクル70は1年間の期間限定発売。トヨタで最も質実剛健なモデルといわれ、熱狂的なファンが少なくない。ラダーフレーム構造による高い堅牢性や耐久性と、悪路をもろともしない高い走破性など、これまで培ってきたランドクルーザーの特長はそのままに、現代的な内外装デザインや安全装備などを施した仕様になっている。

   ランクル70は1984年に日本国内で販売を開始し、その後30年にわたって世界各国で愛用されてきたが、日本国内では2004年に販売を終了していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中